野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

千載一遇のチャンス? ソフトバンクの1軍捕手枠に最も近い存在は…

例年以上に、目をギラつかせている。「こんなチャンスはなかなかないですからね」。新たなシーズンとなる2018年。2年連続日本一のかかるソフトバンクにあって、1人の若手選手に千載一遇とも言える好機が巡ってきている。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:福谷佑介】

春江工高から2014年のドラフト2位で入団した栗原陵矢

 例年以上に、目をギラつかせている。「こんなチャンスはなかなかないですからね」。新たなシーズンとなる2018年。2年連続日本一のかかるソフトバンクにあって、1人の若手選手に千載一遇とも言える好機が巡ってきている。 

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 栗原陵矢、21歳。福井県立春江工業高校(現在は福井県立坂井高校に統合)の出身で、2年時のセンバツで春夏通じて学校初の甲子園に出場。3年時は甲子園出場は叶わなかったが、現西武の高橋光成や巨人の岡本和真らと共に18Uアジア選手権の日本代表に選ばれ、主将も務めた。2014年のドラフト2位でソフトバンクから指名され、2018年が4年目となるキャッチャーだ。 

 ソフトバンクの捕手といえば、2017年にブレイクを果たした甲斐拓也の名前が挙がるだろう。育成選手として入団し、昨季1軍の主力へと定着した25歳。昨季はこの甲斐と高谷が主に先発マスクを被り、第3捕手にはベテランの鶴岡慎也が控えていた。栗原は、高谷が骨折で離脱した際に初の1軍昇格、そして1軍デビューを果たしたが、高谷の復帰とともにファームへと戻ることになった。 

 ところが、このオフ、チームの捕手事情は一変した。2010年のドラフト1位だった山下斐紹が、西田哲朗とのトレードで楽天へ移籍。2013年オフにFAで加入し、4年間在籍した鶴岡は2度目のFA権を行使して、古巣の日本ハムに復帰した。先輩捕手が一気に2人もチームを去った。チーム内で支配下登録の捕手は6人に。昨季ウエスタン・リーグで主にマスクを被ったのは、山下、栗原、そしてまだ高卒ルーキーの九鬼隆平だった。ポッカリと空いた1軍枠に、最も近い存在となったと言えるだろう。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬