野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

立浪和義氏はまたも殿堂入りならず

立浪和義氏(48)が野球殿堂入りを逃した。財団法人野球殿堂博物館は15日、平成30年度の野球殿堂入りを発表。昨年「プレーヤーズ部門」で217票の次点で、今年度は242票で25票上積みしたが、当選必要数の276票に34票届かなかった。

惜しくも野球殿堂入りを逃した立浪和義氏【写真:Getty Images】
惜しくも野球殿堂入りを逃した立浪和義氏【写真:Getty Images】

立浪氏は34票届かず

 立浪和義氏(48)が野球殿堂入りを逃した。財団法人野球殿堂博物館は15日、平成30年度の野球殿堂入りを発表。昨年「プレーヤーズ部門」で217票の次点で、今年度は242票で25票上積みしたが、当選必要数の276票に34票届かなかった。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 立浪氏は中日で2480安打を放ち、487二塁打は歴代最多の巧打者。PL学園からドラフト1位で中日入り。「ミスタードラゴンズ」と言われる活躍を見せたが、またも殿堂入りはならなかった。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング