野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 牧田和久
  • メジャーでも唯一無二のサブマリンへ パドレス牧田の揺るぎなき信念

メジャーでも唯一無二のサブマリンへ パドレス牧田の揺るぎなき信念

10日に記者会見を行い、ポスティングシステム(入札制度)を利用して米パドレスへの移籍決定を報告した牧田和久投手の表情は、清々しかった。

パドレス入団の報告会見を行った牧田和久【写真:上岡真里江】
パドレス入団の報告会見を行った牧田和久【写真:上岡真里江】

先発、中継ぎ、抑えとフル回転、メジャー挑戦の牧田は西武に感謝

「サンディエゴ・パドレスと、無事に契約することができましたことを、ここにご報告いたします」

1994年以来24年ぶり優勝へ―― 侍ジャパン社会人代表が日本通運野球部と練習試合(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 10日に記者会見を行い、ポスティングシステム(入札制度)を利用して米パドレスへの移籍決定を報告した牧田和久投手の表情は、清々しかった。「自分がここまでやれたのは、一人の力ではない。監督・コーチ、チームメート、スタッフ、裏方さん、ファン、いろんな人に支えられてここまで来たと思っています。本当にいい出会いでした。感謝しかありません」と、2011年から過ごした西武への思いを口にした。

 1年目から先発、抑え、中継ぎとフル稼働し、55試合登板、10試合先発、5勝0敗22セーブ、防御率2.61で新人王に輝いた。2年目には先発ローテーションの柱として27試合に登板し、13勝9敗とチームの勝ち頭となった。3年目の2013年には初の開幕投手を経験。16年からは中継ぎに専念し、ワンポイントから回またぎ、ロングまで圧巻の対応力を披露し、西武の中継ぎエースとして絶対的地位を確立した。また、第3回、4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、第1回WBSCプレミア12では日本代表として国際大会に参加。プロ7年間で実績と自信を着実に積み上げていく中で、徐々にメジャーリーグへの思いを募らせていった。

 メジャー挑戦を決定づけたのが、昨年3月に行われた第4回WBCでのオランダ戦だったという。「(アンドレルトン・)シモンズ選手や(ザンダー・)ボガーツ選手、(ジュリクソン・)プロファー選手などと対戦して、そこで凡打を取れたことで『(メジャーでも)できるんじゃないかな』と思いました」。そして2018年1月6日、念願叶い、ついに門戸は開かれた。

 アンダースローという珍しい投球スタイルでの大リーグ挑戦に、報道陣から「怖さや不安は?」と問われると、「怖さは全くないですね」と、きっぱり。さらに「逆に“強み”という気持ちが一番かなと。アンダースローは誰にもできない。自分の代わりはいないと思っている。だからこそ、自分の持っているものを出し切るだけ。壁にぶち当たったら、また新たな目標を見つけて、またどんどん成長していけたらなと思います」と続けた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」