野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • まだまだ難しい戦力予想 米メディア“悲鳴”「誰かダルビッシュと契約を!」

まだまだ難しい戦力予想 米メディア“悲鳴”「誰かダルビッシュと契約を!」

2018年も世界一の大本命はアストロズとなるのだろうか。メジャーリーグのストーブリーグは停滞を見せており、ダルビッシュ有投手、ジェイク・アリエッタ投手らFA市場でトップクラスの評価を受ける投手の去就がまだ決まっていない。

去就に注目が集まるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就に注目が集まるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

先発ローテーショントップ5を予想、ドジャース&ヤンキースは“5位タイ“

 2018年も世界一の大本命はアストロズとなるのだろうか。メジャーリーグのストーブリーグは停滞を見せており、ダルビッシュ有投手、ジェイク・アリエッタ投手らFA市場でトップクラスの評価を受ける投手の去就がまだ決まっていない。米スポーツサイト「スポーツ・オン・アース」は、キャンプまで1か月を迎えながらシーズン予想が難しい現状に“悲鳴”を挙げながらも、現時点での先発ローテーショントップ5を割り出している。メジャーで最も重視される指標「WAR(Wins Above Replacement)」を基に数値を算出し、上位5球団を選出。5位は0.1ポイント差で続く3チームを“同率”としているため、7球団を選び出している。

【PR】ダルビッシュを観るなら「DAZN」! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 WARとは、様々な指標を総合して選手がどれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表すもの。チームへの貢献度を表す指標だ。記事では、昨年、MLB球団が起用した先発投手はインディアンスの「7」が球界最少であることから、各球団の2018年予想WARなどの上位7投手を合計し、数値が高い球団を割り出している。

 1位となったのは、昨季世界一のアストロズ。上位7投手の合計「20.2」は、インディアンスの「19.8」に僅差で競り勝つ形となった。決め手となったのは、パイレーツからトレードで獲得したばかりの右腕コール。寸評では「数日前までヒューストンはローテーション指標で2番目だったが、コールと彼の予想WAR3.8の加入は頂点への天文学的な上昇をみせた。もしコールが3番手や4番手の先発投手と予想されるならば、明らかにそれは素晴らしい集団だ」と分析。バーランダー、カイケル、マカラーズJr、モートンらと形成するローテーションは確かに強力だ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬