野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “ジーター改革”のマーリンズ、イエリッチも放出濃厚か「関係は修復不可能」

“ジーター改革”のマーリンズ、イエリッチも放出濃厚か「関係は修復不可能」

新オーナーに就任したデレク・ジーター氏らの元でチーム再建を進めるマーリンズが揺れ続けている。選手の総年俸削減のための主力大量放出が物議を醸す中、チームに対する不信感を募らせていると伝えられていたクリスチャン・イエリッチ外野手の代理人が口を開き、球団との関係は修復不可能だと説明したことを米メディアが報じている。

デレク・ジーターとクリスチャン・イエリッチ【写真:Getty Images】
デレク・ジーターとクリスチャン・イエリッチ【写真:Getty Images】

イエリッチの代理人が激白、チーム再建の過程に「イエリッチを含むべきではない」

 新オーナーに就任したデレク・ジーター氏らの元でチーム再建を進めるマーリンズが揺れ続けている。選手の総年俸削減のための主力大量放出が物議を醸す中、チームに対する不信感を募らせていると伝えられていたクリスチャン・イエリッチ外野手の代理人が口を開き、球団との関係は修復不可能だと説明したことを米メディアが報じている。チーム再建のはずが、もはや“崩壊危機”ともいえる状態になりつつあるマーリンズの行方に注目が集まっている。 

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ESPNは「クリスチャン・イエリッチとマイアミ・マーリンズの関係は、修復不可能なほど壊れてしまっている。そして、それはこの外野手とチームにとっての利益を最優先するためのものである、と彼の代理人は伝えた」とレポート。代理人のジョー・ロンゴ氏に取材した内容を伝えている。 

 ジーター氏らが新オーナーに就任したマーリンズは“改革”を進めている。昨季リーグMVPのジャンカルロ・スタントン外野手、4番のマルセル・オズナ外野手、リードオフマンのディー・ゴードン内野手らを次々とトレードで放出。高額選手を放出して総年俸を削減し、代わりに獲得した若手でチームを再建する手法はメジャーでは珍しくないが、あまりにも急激な変化にはチーム内にも動揺が広がった。さらに、経営黒字化が実現した場合にジーター氏に毎年数億円のボーナスが支払われることも明らかになり、さらなる批判も噴出している。 

 今後チームの「顔」になると見られていたJ・T・リアルミュート捕手がトレードを志願していることが明らかになると、イエリッチも首脳陣との面談を希望していると米メディアが報道。さらに、スタントンとのトレードでヤンキースから加入したスターリン・カストロ内野手まで、早くもトレードを望んでいることがわかった。 

人気記事ランキング