野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大投手が残した足跡 4年連続200K、楽天・則本も伝説の投手に?

昨年222三振を奪い、4年連続でパ・リーグ奪三振王に輝いた楽天の則本昂大投手。これは1993年の野茂英雄氏以来、24年ぶり4人目の快挙だった。そこでここでは、則本より以前にこの大記録を打ち立てた大投手に焦点を当て、その足跡を振り返っていきたい。

4年連続の奪三振王に輝いている楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】
4年連続の奪三振王に輝いている楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

江夏氏、鈴木氏、野茂氏は記憶にも記録にも残る大投手に

 昨年222三振を奪い、4年連続でパ・リーグ奪三振王に輝いた楽天の則本昂大投手。これは1993年の野茂英雄氏以来、24年ぶり4人目の快挙だった。そこでここでは、則本より以前にこの大記録を打ち立てた大投手に焦点を当て、その足跡を振り返っていきたい。

〇江夏豊氏
「江夏の21球」で知られる江夏氏。記録にも記憶にも残る数々の名場面を生み出してきた大投手だが、1年目から6年連続でリーグ最多奪三振に輝いたこともそのうちのひとつだ。シーズン401奪三振というアンタッチャブルレコードを樹立したほか、史上唯一の延長戦ノーヒットノーランや、同じく史上唯一となるオールスターゲーム9者連続三振といった多くの伝説を打ち立てている。

 病気のために長いイニングを投げられなくなり南海にトレードされると、野村克也監督の説得を受け、当時は一般的ではなかった中継ぎ専任投手へ転向。投手の分業制につながる「中継ぎ」のパイオニアとなった。以降は広島、日本ハムなどを渡り歩きながら活躍を続け、「優勝請負人」の異名を取る。西武で迎えた1984年、通算3000奪三振まであと13、史上初の通算200勝・200セーブ達成まであと7セーブに迫りながら現役を退いた。

〇鈴木啓示氏
 江夏氏と同じ年(1967年)から全く同じ期間、6年連続で奪三振王となったのが、同じく大阪の球団で活躍していた鈴木氏だった。入団当初強豪ではなかった近鉄のエースとして、奪三振王8回、23試合連続完投(シーズンまたぎでの記録)、シーズン20勝以上8回、ノーヒットノーラン2回など、数えきれないほどの大記録を残している。日本記録となる通算560本の本塁打を浴びているが、史上4人しか達成していない通算3000奪三振、史上4番目の多さとなる317勝を挙げる活躍で、球史に残る投手のひとりとなった。史上6人しかいない300勝投手は、鈴木氏の引退から30年以上が経った現在も、まだひとりも現れていない。

人気記事ランキング