野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阿部ら獲得の元巨人チーフスカウト 中村和久氏が残した功績

巨人のスカウトとして阿部慎之助らの獲得に1985年から2009年まで辣腕をふるった中村和久氏が1月17日、東京都内で死去した。70歳だった。

24年間のスカウト活動では阿部、高橋尚成、山口鉄也らの獲得に尽力

 1985年に巨人のスカウトとなり、87年からは近畿、中国地区を担当。2006年からは球団代表直属チーフスカウトに就任した。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 その卓越した手腕は獲得した選手を見ればわかる。

 橋本清(87年1位 PL学園)、元木大介(90年1位 上宮)、岡島秀樹(93年3位 東山)、高橋尚成(99年逆指名 東芝)、阿部慎之助(2000年逆指名 中大)、亀井善行(04年4巡目 中大)、山口鉄也(05年育成 横浜商→米マイナー)、長野久義(2009年1位 日大)ら、巨人を支えた選手をスカウトした。

 2009年12月に巨人を退団。以後もベースボールアナリストとして「週刊ベースボール」で連載を持つなど、活動を続けていた。

 選手をフォーム、フィジカル面だけでなく、メンタル面まで細かく分析し、評価する手法は高く評価されていた。表面的な記録、数字だけでなく選手のポテンシャルを見抜く名人。指導者として豊富な経験を有していたのが大きく、全くの無名だった山口鉄也を育成枠で獲得したのは中村氏の慧眼だ。多くの選手を発掘し、大成させた名伯楽だった。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」