野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA、敵地キャップロゴ「Y」に変更 ラミレス監督考案のスローガンも決定

DeNA、敵地キャップロゴ「Y」に変更 ラミレス監督考案のスローガンも決定

DeNAは18日、2018年シーズンからビジターで着用するキャップのデザインを変更することを発表した。

横浜DeNAベイスターズのスローガンが『VICTORY is within US.』に決定【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
横浜DeNAベイスターズのスローガンが『VICTORY is within US.』に決定【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

地域名「YOKOHAMA」の「Y」に、スローガンは『VICTORY is within US.』

 DeNAは18日、2018年シーズンからビジターで着用するキャップのデザインを変更することを発表した。従来は、DeNAの頭文字である『De』を配していたが、ユニフォームロゴと同様、キャップにも地域名「YOKOHAMA」の頭文字である『Y』をあしらう。また、2018年のシーズンスローガンを『VICTORY is within US.』(勝利は我らの中にある)に決定したことも発表した。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 キャップについて、球団は2017年シーズンを「日本シリーズ制覇には一歩届かなかったものの、シーズンを通じて横浜スタジアムは青く染まり、お客様より熱いご声援をいただきました」と振り返りつつ、「今回ビジターキャップにあしらう『Y』のロゴには、そんな地元“YOKOHAMA”に対する皆様の想い・誇りと共に敵地で戦うという強い意志を込めています」と説明。これまでも、地域密着の活動を続けてきたDeNAらしい決断となった。

 また、スローガンについては、球団史上初のクライマックスシリーズ突破を果たし、19年ぶりに日本シリーズへ進出した昨シーズンを糧として、更なる高みをファンと共に目指すために、アレックス・ラミレス監督自ら考えたものだという。

 DeNAは「2018年シーズンは、横浜DeNAベイスターズがセ・リーグ優勝、そして日本一という勝者になるべく、皆様と共に戦ってまいります」と力強く日本一を誓っている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」