野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • カ軍が元Gマイコラスに望む「ポジティブな歩み」 日本時代と同じ“進化”期待

カ軍が元Gマイコラスに望む「ポジティブな歩み」 日本時代と同じ“進化”期待

巨人からカージナルスに移籍し、4年ぶりのメジャー復帰を果たすマイルズ・マイコラス投手への期待が高まっている。メジャーでの実績が乏しかった右腕だが、NPBでの3年間で好成績を残し、2年総額1550万ドル(約17億1500万円)でカージナルスと契約。名門球団が「堅実な選択肢」と目していると地元メディアは伝えている。

カージナルスで先発投手として期待されるマイコラス【写真:Getty Images】
カージナルスで先発投手として期待されるマイコラス【写真:Getty Images】

4年ぶりにメジャー復帰「カージナルスは自信を持っている」

 巨人からカージナルスに移籍し、4年ぶりのメジャー復帰を果たすマイルズ・マイコラス投手への期待が高まっている。メジャーでの実績が乏しかった右腕だが、NPBでの3年間で好成績を残し、2年総額1550万ドル(約17億1500万円)でカージナルスと契約。名門球団が「堅実な選択肢」と目していると地元メディアは伝えている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 特集を組んだのは、地元紙「セントルイス・ポスト・ディパッチ」。マイコラスの母が子供の頃からカージナルスファンで、セントルイスで愛息を生んだこと、開幕前には野球の話題で盛り上がっていたことなどを紹介。その後、マイコラス家はカージナルスのキャンプ地でもあるフロリダ州ジュピターに引っ越したが、右腕自身が「彼女はよく自分を学校から連れて帰り、『スプリングトレーニングのチケットが手に入ったよ』と言ったものだよ」と話していたことにも触れている。カージナルス入団は運命だったようだ。

 メジャーではパドレス、レンジャーズで37試合登板(10先発)、4勝6敗、防御率5.32という実績しか残せず、日本行きを決断したマイコラス。すると、巨人では3年間でNPB通算62試合に登板し、31勝13敗、防御率2.18と圧巻の成績を残した。記事では「マイコラスが日本のセ・リーグの読売ジャイアンツに在籍した3年間で披露したようなポジティブな歩みを構築するだろうと、カージナルスは自信を持っている」と、球団の見解を伝えている。

 さらに、マイコラス本人も日本での“進化“について説明。「来日前は、多分ほとんど直球とカーブしか投げない投手だったよ。スライダーを少し混ぜたりもしたけどね」とした上で「日本でのプレーを経験した後は、少しだけ完成された投手に近づいたと感じるんだ。直球やカーブ、スライダーでカウントを稼いで、チェンジアップを混ぜたり、緩急もうまく使いこなせるようになったことや、カウントを調整するのが少しうまくなったことだったり。そういう点かな」と、巨人で投球の幅を広げたことに手応えを示している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」