野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 杉内、永川…昨年1軍出場ゼロ、再起目指す“オーバー30”のベテランたち

杉内、永川…昨年1軍出場ゼロ、再起目指す“オーバー30”のベテランたち

今季所属球団が決まっている選手の中で、2017年シーズン、1軍出場が1度もなかった30歳オーバーの選手。普通なら戦力外通告を言い渡されてもおかしくはない境遇の選手もいる。最後に一花咲かせてほしいと願うのは球団、そしてファンに共通した願いだ。

ヤクルト・川端慎吾【写真:編集部】
ヤクルト・川端慎吾【写真:編集部】

杉内も永川も昨季1軍出場ゼロ

 今季所属球団が決まっている選手の中で、2017年シーズン、1軍出場が1度もなかった30歳オーバーの選手。普通なら戦力外通告を言い渡されてもおかしくはない境遇の選手もいる。最後に一花咲かせてほしいと願うのは球団、そしてファンに共通した願いだ。

 今季こそダメなら引退の2文字もちらついてくる選手、負傷から復活かける選手……。一時代を築いた選手がフェードアウトしていくのか、それとも土俵際で踏ん張るのか。主な選手に注目してみた。

〇巨人・杉内俊哉投手
37歳。NPB通算(16年)316試合142勝77敗 防御率2.95
 2005年にMVP、沢村賞を受賞するなど球界を代表する左腕も、股関節手術の影響でここ2年は1軍登板ゼロ。昨季はファーム含めて公式戦の登板機会はなかった。節目の150勝まであと8勝。復活の時を誰もが待っている。

〇広島・永川勝浩投手
37歳。NPB通算(15年) 504試合36勝42敗165セーブ74ホールド 防御率3.42
 2006年から4年間で132セーブをあげた鯉の元守護神。通算165セーブは堂々の球団セーブ記録だが、昨季はついに1軍登板が一度もなかった。肘の位置を下げるなど試行錯誤で復活を目指す右腕。黄金期に入った広島で再び輝けるか。

〇ヤクルト・古野正人投手
31歳。NPB通算(6年) 通算60試合8勝11敗2ホールド 防御率5.31
 2015年は先発、中継ぎとして27試合に登板し4勝3敗を記録。だが、翌16年には右肩を故障しリハビリに専念するために育成契約となった。

〇ヤクルト・川端慎吾内野手
30歳。NPB通算(12年) 通算869試合3060打数922安打34本塁打322打点
 2015年には打率.336で首位打者、195安打で最多安打を獲得し、チームをリーグ優勝に導いた。だが、17年の春季キャンプ中に腰痛を発症し同年8月に手術を受けリハビリを行い1軍出場はなかった。ヤクルトが誇る安打製造機の復活が待ち遠しい。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬