野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「何か残したい」ホークス松田が語る「熱男」と「ケンケン打法」のこだわり

2年連続の日本一を目指すソフトバンクのムードメーカー、松田宣浩内野手の“トレードマーク”といえば何か。グラウンド内外で抜群の存在感を放つ選手だけに、いろいろな意見があるかもしれない。

笑顔でインタビューに応じるソフトバンク・松田宣浩【写真:中村彰洋】
笑顔でインタビューに応じるソフトバンク・松田宣浩【写真:中村彰洋】

チームスローガンは「もう1頂!」も…ムードメーカーは「熱男」継続を「即決」

 2年連続の日本一を目指すソフトバンクのムードメーカー、松田宣浩内野手の“トレードマーク”といえば何か。グラウンド内外で抜群の存在感を放つ選手だけに、いろいろな意見があるかもしれない。ただ、代表的なものを2つ挙げろと言われれば、「熱男パフォーマンス」と「ケンケン打法」に人気が集中するのではないだろうか。本人のこだわりも、相当なものだ。

 2015年のチームスローガンを完全に自らのものにしてしまった「熱男」。ホームランを放った後、ベンチ前で「熱男~!」と絶叫するパフォーマンスは今や“全国区”だ。昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、ファンも一体となった絶叫が東京ドームにも響き渡った。今季のチームスローガンは「もう1頂!」というソフトバンクらしい斬新な一言に決まったが、松田は「熱男!」を継続すると明かした。

 今から2年前。2016年シーズンが開幕する前に、松田は早々に「熱男」を「個人スローガン」にすると宣言していた。同年のチームスローガンは「熱男2016」で“継続”となったが、「これは僕の中では個人スローガンでもいいなと思っています」と明言。そして、その言葉通りこの2シーズンで自身の「代名詞」として、すっかり定着させてしまった。

 昨季はシーズン1号弾を放った後でチームスローガンに合わせて「ワンダホー!」と絶叫。だが、しっくりこなかったという松田はその後、すぐに「熱男~!」に戻した。さらに、日本一を達成した後、11月のファンフェスティバルでは締めの大役として、ファンと一緒にチームスローガン「ワンダホー!」の絶叫を任されたが、ここでもまさかの「熱男~!」。松田は「全然ありっしょ。僕らしい」と笑顔で振り返る。

 それだけのこだわりを持つ「個人スローガン」。今季もチームスローガンが発表されるまでは、ホームラン後のパフォーマンスを継続するか考えると明かしていたが、「そう、とりあえず見たので、それで即決」と、またしても笑う。

「(「熱男」継続で)大丈夫です。微妙でしょ『もう1頂』って。『もう1頂』を見た瞬間に即決。イメージできなかったんで(笑)。楽しく行きたいですよ、2018年も。王者として、どっぷり腰を下ろして野球をやるんじゃなくて、スローガン通り『もう1頂』王者を目指していくというためのスローガンだと思うので。チャレンジャーとしての気持ちでやりたいと思いますけどね」

 チームスローガンを尊重しつつ、熱い気持ちを忘れないつもりだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」