野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス松田、“後輩”柳田を語る 2018年は本塁打数で「あいつと一騎打ち」

日本一連覇を目指すソフトバンクの中で、今季もキーマンの一人となるのが松田宣浩内野手だ。天性のムードメーカーは、本塁打後の「熱男!」パフォーマンスをはじめ、抜群の存在感を発揮してチームを牽引。常勝軍団の中心選手として欠かせない存在となっている。

インタビューに応じるソフトバンク・松田宣浩【写真:中村彰洋】
インタビューに応じるソフトバンク・松田宣浩【写真:中村彰洋】

チーム内で気になる選手は「ギータ」、独占インタビューで語る

 日本一連覇を目指すソフトバンクの中で、今季もキーマンの一人となるのが松田宣浩内野手だ。天性のムードメーカーは、本塁打後の「熱男!」パフォーマンスをはじめ、抜群の存在感を発揮してチームを牽引。常勝軍団の中心選手として欠かせない存在となっている。 

 そして、そんな松田とともにホークスの「顔」の一人としてチームを牽引しているのが、柳田悠岐外野手。2015年にトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成するなど、豪快なフルスイングをトレードマークに球界を代表する打者となった後輩に松田は「やっぱりすごいですよ、あいつは」と一目を置く。5歳年下の強打者は「熱男」の目から見てどんな存在なのか。今季は本塁打数で柳田と「一騎打ちする」と“ライバル視”していることも含め、独占インタビューで語ってくれた。 

 過酷な争いがつきもののプロ野球界。現在、チーム内に気になる選手はいるのか。そんな質問に松田は即答した。「ギータですね、柳田」。同じポジションの若手ではなく、ともにチームを牽引する主軸打者の名前を真っ先に挙げた。理由は明快だ。「去年初めてホームラン負けたので」。こう言って、ニヤリと笑った。 

 松田は昨年、3年連続全試合出場を果たし、打率.264、24本塁打、71打点の成績を残した。一方、柳田はリーグ終盤に右脇腹を痛めて離脱したものの、130試合出場で打率.310、31本塁打、99打点をマーク。柳田が2011年に入団してから、本塁打数で負けたのは初だった。 

「初めて負けたんですよね、2017年。だから悔しかったですね。シーズン中に意識? しますよ。めちゃめちゃしますよ。一昨年までが全部勝ってて、あんまり追い抜かされることがなかったんですよ、シーズン中も。今回は結局負けたので悔しかったですね」 

 シーズン中からバリバリに意識した末の“敗北”。試合中に柳田がホームランを打てば当然うれしいが、その後にちょっと悔しさが芽生える。そして、シーズン終了後にはその悔しさがマックスに達していた。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」