野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

森監督が見せた松坂への親心「そういう気持ちにさせた何かがアイツにはある」

ナゴヤ球場の室内練習場で非公開で行われた入団テスト。西山和夫球団代表らとともに、松坂のブルペンで投げる姿を確認した森監督は、その後すぐに行われた会見で松坂に対しての“親心”をのぞかせた。

中日への入団が決まった松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日への入団が決まった松坂大輔【写真:荒川祐史】

中日・森監督が語った松坂への思い「道を私が作ってもいいのかな」

 中日への入団が決まった松坂大輔投手。3年間在籍したソフトバンクを退団して現役続行を模索する道を選び、他球団からの声がかかるのを、トレーニングを続けながら待った。なかなか新天地が見つからぬ中で入団テストという形で“救いの手”を差し伸べたのが、中日ドラゴンズであり、松坂が西武入団時に2軍投手コーチを務めていた森繁和監督でもあった。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ナゴヤ球場の室内練習場で非公開で行われた入団テスト。西山和夫球団代表らとともに、松坂のブルペンで投げる姿を確認した森監督は、その後すぐに行われた会見で松坂に対しての“親心”をのぞかせた。

「ソフトバンクに入ってからも、ずっと気にはしていました。いい最後を日本で、という気持ちでずっと見ていましたけど、それが納得していないで終わってしまったところがあった。それを前にいた球団が色々やったりすることもあるんでしょうけど、俺と同じように、一緒にやったことのある選手を気持ちよく、というのが松坂にもあってもいいのかなと。そういう道を私が作ってもいいのかな、と感じたのは間違いないです」

「俺と同じように」――。森監督はこう言った。駒澤大学、住友金属を経て、1978年のドラフト1位で西武に入団した森監督。1年目から先発、中継ぎでフル回転し、2年目の1980年には2桁10勝をマーク。1981年には先発として10完投3完封で14勝という成績を残し、1982年は51登板で3年連続2桁勝利となる10勝を挙げただけでなく、10セーブも記録した。1983年には抑え投手として59試合に登板し、34セーブを挙げて最優秀救援投手のタイトルを獲得している。

人気記事ランキング