野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

飛び交う賛否 中日の松坂大輔獲得は、果たして是か非か

1月23日、寒風吹きすさぶナゴヤ球場。ソフトバンクを退団した松坂大輔投手が中日ドラゴンズの入団テストを受け、合格した。新天地を求めていた右腕は「中日の松坂大輔」となり「今日晴れて中日ドラゴンズの一員になれました。たくさんの方にナゴヤドームに足を運んでもらえるように、チームを、名古屋を盛り上げていきたいと思います」とコメントした。

中日への入団が決まった松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日への入団が決まった松坂大輔【写真:荒川祐史】

松坂大輔の中日入りに批判的な声も…

 1月23日、寒風吹きすさぶナゴヤ球場。ソフトバンクを退団した松坂大輔投手が中日ドラゴンズの入団テストを受け、合格した。新天地を求めていた右腕は「中日の松坂大輔」となり「今日晴れて中日ドラゴンズの一員になれました。たくさんの方にナゴヤドームに足を運んでもらえるように、チームを、名古屋を盛り上げていきたいと思います」とコメントした。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 松坂合格のニュースは列島を駆け巡り、様々な反応を呼んだ。3年間在籍したソフトバンクでは右肩の故障に苦しみ、1軍登板はわずか1試合だけ。高額な年俸も相まって批判にさらされたのも事実だ。今回の中日入りに対しても、インターネット上では歓迎する声、批判的な声と賛否両論が飛び交っていた。

 果たして、中日の松坂獲得は是か非か。この答えは今シーズン、松坂がいかなる結果を残すかにもよるだろう。ただ、個人的な見解として言わせてもらえば、現時点では「是」だろう。

 中日と松坂は入団テスト後に正式に契約書にサインを交わした。年俸1500万円プラス出来高払い。この金額ならば、中日サイドのリスクは限りなく低く、享受するメリットは大きい。その最たる例が営業効果、露出効果だろう。

 テストが行われた23日の1日だけを見ても、それがよく分かる。入団テスト開始前からウェブ上には松坂関連のニュースが数多く流れ、テストが行われたナゴヤ球場には報道陣約100人ほどが集結。地元テレビ局は中継車まで出し、現場の空気をリポートした。森繁和監督は「皆さんがこうやって集まってくれたというのも、何か大輔っていうものに期待もあれば、いろんなことがあるから、集まってくれたと思います」とも話した。松坂見たさに約100人のファンも球場周辺に集まり、敷地を囲うフェンスにかぶりついて様子を伺っていた。

 合格決定後にはその結果とともに、松坂や森監督、西山和夫球団代表などのコメントが次々に報じられ、インターネット上には「松坂」の文字が躍り続けた。夜になれば、テレビ各局のスポーツニュースは、ほとんどがトップで松坂のテスト合格、中日入りを伝えた。翌日の新聞紙面でも大々的に掲載。まず、これだけでも多大な“効果”があったといえる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」