野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大魔神・佐々木、番長・三浦にオバQも…大洋からDeNAの歴代投打5傑

横浜DeNAベイスターズは1950年に創設された大洋ホエールズに始まる。その後、松竹ロビンスと合併して洋松ロビンスとなり、再び大洋ホエールズに。さらに横浜ベイスターズ、横浜DeNAと経営母体、球団名を変えて存続してきた。今年で69シーズン目を迎える。歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。

現役時代は「大魔神」として活躍した佐々木主浩氏【写真:Getty Images】
現役時代は「大魔神」として活躍した佐々木主浩氏【写真:Getty Images】

石井、松原、スーパーカートリオの名前も

 横浜DeNAベイスターズは1950年に創設された大洋ホエールズに始まる。その後、松竹ロビンスと合併して洋松ロビンスとなり、再び大洋ホエールズに。さらに横浜ベイスターズ、横浜DeNAと経営母体、球団名を変えて存続してきた。今年で69シーズン目を迎える。歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役。

○通算安打数5傑
1.石井琢朗 2307安打(1989-2008年)
2.松原誠 2081安打(1962-1980年)
3.近藤和彦 1725安打(1958-1972年)
4.高木豊 1668安打(1981-93年)
5.金城龍彦 1627安打(1999-2014年)

 1998年優勝の中心メンバーだった石井琢朗が1位、2位は巨人V9時代、大洋で華麗な一塁守備で鳴らした松原誠。3位は明治大学時から長嶋茂雄の好敵手だった近藤和彦で独特の「天秤打法」でも知られた。現役では石川雄洋が965安打で最多。

○通算本塁打数5傑
1.松原誠 330本(1962-1980年)
2.田代富雄 278本(1976-91年)
3.村田修一 251本(2003-11年)
4.桑田武 222本(1959-68年)
5.ロバート・ローズ 167本(1993-2000年)

 本塁打は、松原誠が1位。2位には「オバQ」と呼ばれ親しまれた田代。3位は本塁打王を2回獲得し現在は所属が決まらない村田修一。現役では筒香嘉智が138本で歴代9位だ。

○通算打点5傑
1.松原誠 1172打点(1962-1980年)
2.田代富雄 867打点(1976-91年)
3.ロバート・ローズ 808打点(1993-2000年)
4.佐伯貴弘 789打点(1993-2010年)
5.村田修一 732打点(2003-11年)

 松原誠は安打2位、本塁打、打点は1位だが、ONと時代が重なったため一度もベストナイン、ダイヤモンドグラブ(現ゴールデングラブ)を受賞していない。ローズはわずか8年の実働だが、本塁打、打点ともに上位。現役では筒香嘉智が445打点で1位。

○通算盗塁数5傑
1.石井琢朗 355盗塁(1989-2008年)
2.屋鋪要 317盗塁(1978-93年)
3.高木豊 313盗塁(1981-93年)
4.中塚政幸 164盗塁(1968-82年)
5.近藤和彦 158盗塁(1958-1972年)

 石井琢朗が安打数に続き1位。2位の屋鋪要と3位の高木豊は、加藤博一とともに「スーパーカートリオ」で売り出した俊足選手。現役では梶谷隆幸の127盗塁で1位となり、これは歴代8位にあたる。

人気記事ランキング