野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 選抜出場36校が決定、乙訓ら初出場10校 滋賀からは初の3校

選抜出場36校が決定、乙訓ら初出場10校 滋賀からは初の3校

第90回記念選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校が26日、日本高野連から発表された。

第90回センバツの代表校が発表された
第90回センバツの代表校が発表された

史上3度目の春連覇狙う大阪桐蔭、“秋の王者”明徳義塾は初制覇目指す

 第90回記念選抜高校野球大会(3月23日から13日間・甲子園)の出場36校が26日、日本高野連から発表された。

 史上3度の春連覇を狙う大阪桐蔭はドラフト候補を多く揃え優勝候補の筆頭だ。「投・内・外」を守り4番を務める“三刀流”の根尾昂内野手(2年)、昨年日本代表の1番も務めた藤原恭大外野手(2年)、昨夏のマウンドを経験しているエース右腕・柿木蓮投手(2年)、190センチの長身左腕・横川凱投手(2年)らが中心で投打に隙がない。昨年の明治神宮大会で優勝した秋の王者・明徳義塾はエース・市川悠太投手(2年)を軸に選抜初優勝を狙う。

 また、21世紀枠では東北大会8強で初出場となる由利工のほか、選抜は59年ぶりとなる膳所、初出場となる伊万里の3校が選出。難航予想だった関東・東京の最後の1枠には国学院栃木が滑り込んだ。記念大会で増枠された東北は聖光学院、花巻東、日大山形。北信越は日本航空石川、星稜、富山商。東海は静岡、東邦、中京学院大中京。中国は、おかやま山陽、下関国際、瀬戸内が選出された。

 初出場は中央学院、乙訓、日本航空石川、由利工など10校。楽しみな36校が出そろった。組み合わせ抽選は3月16日。球春到来を告げる甲子園で、春の頂点を目指し13日間の熱い戦いが始まる。

 出場全36校は以下の通り。

○北海道
駒大苫小牧(北海道)

○東北
聖光学院(福島)
花巻東(岩手)
日大山形(山形)

○関東・東京
中央学院(千葉)
明秀学園日立(茨城)
東海大相模(神奈川)
慶応(神奈川)
日大三(東京)
国学院栃木(栃木)

○東海
静岡(静岡)
東邦(愛知)
三重(三重)

○北信越
日本航空石川(石川)
星稜(石川)
富山商(富山)

○近畿
大阪桐蔭(大阪)
智辯和歌山(和歌山)
近江(滋賀)
乙訓(京都)
智弁学園(奈良)
彦根東(滋賀)

○中国
おかやま山陽(岡山)
下関国際(山口)
瀬戸内(広島)

〇四国
明徳義塾(高知)
英明(香川)
松山聖陵(愛媛)
高知(高知)

○九州
創成館(長崎)
富島(宮崎)
東筑(福岡)
延岡学園(宮崎)

○21世紀枠
由利工(秋田)
膳所(滋賀)
伊万里(佐賀)

人気記事ランキング