野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

8年目・オリックス駿太がレギュラー奪取へ「甘えていた自分もいた」

「勝負の1年になる」。オリックスの後藤駿太外野手は何度もこの言葉を繰り返していた。

チームは1番打者が不在「やる以上は僕はまだ遅くない」

 オリックスの外野陣はロメロ、吉田正、T-岡田ら長打を武器にする選手が多い。打線も中軸を打つ選手が揃っており、1番打者不在がチームの最重要課題ともいえる。駿太自身もそこは自覚し、「今のチームにはレギュラーで打つ、走る、守る、全てが揃っている選手はいない。今年で8年目になりますけど、やる以上は僕はまだ遅くないと思っています」と「1番」奪取に意欲を見せている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 オリックス戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オフは2年連続でDeNA・梶谷に弟子入り。走攻守、全ての面でレベルアップを求め、連日ハードなトレーニングを積んだ。「体を強くすることを一番にやってきました。どこをどうするというよりも全てを鍛える。自分はそういう部分で結果を残さないといけない選手と思っているので」と胸を張る。

 現在は大阪・舞洲の球団施設で2月1日から始まる春季キャンプに向けバットを振り続けている。「築き上げてきた部分もあるが、やっぱり試合に出続けたい。誰もがそう思う」。守備固め、代走、代打と便利屋で終わるつもりは毛頭ない。「今はワクワクしています」。自らを信じ、胸を張れる成績を残すため激しいレギュラー争いに挑む。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」