野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • MLB公式サイトが分析、大谷が「若手NO1」に選出された「4つの理由」とは

MLB公式サイトが分析、大谷が「若手NO1」に選出された「4つの理由」とは

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でエンゼルスに移籍した大谷翔平投手が、27日(日本時間28日)に発表されたMLB公式サイトの若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」の最新ランキングで堂々の1位に選出された。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「右投手」1位&「外野手」4位、MLB公式サイトが見る“二刀流”大谷の魅力とは…

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でエンゼルスに移籍した大谷翔平投手が、27日(日本時間28日)に発表されたMLB公式サイトの若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」の最新ランキングで堂々の1位に選出された。スカウトや球団幹部の評価を基に決められたもので、部門別では「右投手」で1位、「外野手」で4位となっている。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 MLBには、とんでもない能力を持った若手選手がゴロゴロいるが、今季は23歳の大谷がトップに君臨することに。当然、新人王の最有力候補とも見られている。これを受けて、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」では「ショウヘイ・オオタニがMLBパイプラインのNO.1有望株に選出された理由4つ」と題した特集記事を掲載。二刀流右腕の魅力を“解析”している。

 1つ目の理由は「パワー」だ。記事では「彼はメジャーリーグの投球に適応するまで少し時間がかかるだろう」として、まずは打者としての能力を評価。「しかし、オオタニはNPB5シーズンで打率.286、出塁率.358、長打率.500を記録した。物理的に球場には収まらないようなパワーに賭けるのは、常に良い考えである」と称えている。

 そして、2番目で挙げられているのが、日本ではNPB史上最速の165キロを記録した「ファストボール」だ。適応までに時間がかかる可能性はあるものの、投手としての能力自体に疑いの余地はない。「オオタニは多くの有望株とは異なっている。打撃も良いが、おそらくマウンド上の彼の方がさらに素晴らしいだろう」と指摘している。

 さらに「彼は日本で先発投手として防御率2.69を記録しており、543イニングで624打者を三振に仕留めている」と奪三振能力の高さも特筆。「このようなファストボールで、だ」と2014年の日米野球でメジャーの猛者を手玉に取った投球の動画を紹介し「理由を知るのは難しいことではない」と絶賛している。

人気記事ランキング