野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • まだ1月なのに…米で早くも「今年最高の捕球」が誕生!? 「まるで魔術のよう」

まだ1月なのに…米で早くも「今年最高の捕球」が誕生!? 「まるで魔術のよう」

MLB各球団のキャンプインまで約2週間となったが、米球界でも早くも「2018年最高の捕球」が生まれたとして、話題となっている。アマチュア選手が見せた超ファインプレーの動画が広まり、MLB公式サイトも「信じられないプレー」と賛辞を送っている。

セント・キャサリン大学のコルヴィンが披露したファインプレー(画像は動画のスクリーンショットです)
セント・キャサリン大学のコルヴィンが披露したファインプレー(画像は動画のスクリーンショットです)

MLB公式サイトも絶賛、大学生が「今年最高の捕球」に名乗り!?

 MLB各球団のキャンプインまで約2週間となったが、米球界でも早くも「2018年最高の捕球」が生まれたとして、話題となっている。アマチュア選手が見せた超ファインプレーの動画が広まり、MLB公式サイトも「信じられないプレー」と賛辞を送っている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 今季の「最優秀キャッチ」の有力候補が飛び出したのは、米国の大学野球の試合だった。右中間への当たりを背走したセンターが、最後は体を投げ出すようにしてジャンプ。見事に捕球すると、地面に叩きつけられながらもボールを離さず、立ち上がってすぐに内野手へと返球した。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「大学生外野手が『今年最高の捕球』に名乗りをあげた…1月の時点で」とのタイトルで特集を掲載。「1月は決して野球のハイライトが出て来る時期ではない」としつつ、「球界はまだ静かな時期であるが、何か救いになるような話題を求めている」と、このプレーを紹介している。

「オースティン・コルヴィンはセント・キャサリン大学に所属しており、彼らはもう2018年シーズンをスタートさせている。金曜日、アリゾナ・クリスチャン大学との一戦の2回、アリゾナ・クリスチャン大学のドム・ロドリゲスはセンター後方へ大きな飛球を放った。コルヴィンは背走すると…まるで魔術のような守備を披露した。ケビン・ピラーですら思わず赤面するかのような」

 記事では、「スーパーマンキャッチ」が代名詞にもなっている中堅の名手、ケビン・ピラー(ブルージェイズ)を引き合いに出して、コルヴィンが見せた超美技を絶賛。さらに「コルヴィンのキャッチは早くも賛辞を集めることになり、これを最初に紹介したのはアストロズのリリーバー、クリス・デベンスキーのツイッターであった」とも紹介。昨季世界一に貢献したアストロズの救援右腕がSNSに動画を投稿したことで、このプレーが広く知れ渡ったという事実にも言及している。

「Cut4」は最後に「これは信じられないようなプレーだ。1年のうちでいつ披露されたとしても」と締めくくっている。もちろん、記事に登場したピラーをはじめ、シーズンが始まればメジャーのスター選手たちが超人的な守備を披露することは間違いない。ただ、コルヴィンもオフシーズンに大きなインパクトを与える美技を見せたことは確かだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」