野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 驚愕の強肩&悪球打ちで通算打率“イチロー超” 殿堂入りしたゲレーロの魅力

驚愕の強肩&悪球打ちで通算打率“イチロー超” 殿堂入りしたゲレーロの魅力

2018年度の全米野球記者協会の投票でMLB野球殿堂に選出されたブラディミール・ゲレーロ氏はドミニカ共和国出身の外野手。候補になって2年目に92.9%の高得票率(75%以上で殿堂入り)で選出された。

野球殿堂に選出されたブラディミール・ゲレーロ【写真:Getty Images】
野球殿堂に選出されたブラディミール・ゲレーロ【写真:Getty Images】

桁外れの身体能力でメジャーを席巻、2001&02年は2年連続トリプルスリーを達成

 2018年度の全米野球記者協会の投票でMLB野球殿堂に選出されたブラディミール・ゲレーロ氏はドミニカ共和国出身の外野手。候補になって2年目に92.9%の高得票率(75%以上で殿堂入り)で選出された。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 1975年2月生まれで、イチローよりも1歳半年下。ドミニカ共和国出身。1993年にモントリオール・エクスポズと契約した。94年、95年とマイナーで3割を超える打率を残すと、1996年9月19日のアトランタ・ブレーブス戦でメジャーデビュー。「6番・右翼」で先発し、4回にはスティーブ・エイブリーからゴロで中前に抜ける初安打を放っている。

 翌97年には90試合に出場、11本塁打40打点、打率.302の好成績で、新人王投票6位に入る。98年には159試合出場で202安打38本塁打109打点、打率.324と大活躍。以後、リーグ屈指の強打者となった。当時のエクスポズは経営難に陥っていたこともあり、ゲレーロ以外にめぼしい選手がおらず敬遠が多かった。98年にはシーズン途中に実兄ウィルトン・ゲレーロ(内野手)がドジャースから移籍。ウィルトンは2000年オフにレッズへ移籍したが、翌年再びエクスポズにトレード加入。兄弟で都合3年をともに戦った。

 190センチ、106キロの巨漢選手だったが足も速く、2001、2002年と2年連続で30本塁打30盗塁の30-30を記録。2002年は39本塁打40盗塁、あと1本塁打でホセ・カンセコ、バリー・ボンズに次ぐ40-40を達成するところだった。日本的な評価でいえば、この2年間はともに打率3割を超えていたため、トリプルスリーを記録していた。

 バッティンググローブをはめずに素手でバットを握って、右打席に立った。悪球打ちでもあり、投手は気が抜けなかった。こうしたワイルドさがゲレーロの魅力だった。

 外野手としてはずば抜けた強肩の持ち主で、右翼から本塁へノーバウンドの送球で三塁走者を刺す補殺を何度も見せた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」