野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 612本塁打で殿堂入り ジム・トーミは1990年以降最高の長距離打者の一人

612本塁打で殿堂入り ジム・トーミは1990年以降最高の長距離打者の一人

2018年度の全米野球記者協会の投票で米国野球殿堂に選出されたジム・トーミ氏はイリノイ州出身の内野手、指名打者。候補1年目に89.8%の得票率(75%以上が当選)で選出された。

ツインズでも活躍したジム・トーミ氏【写真:Getty Images】
ツインズでも活躍したジム・トーミ氏【写真:Getty Images】

候補1年目で89.8%の得票率、通算出塁率4割超&シーズン100四球以上は9回

 2018年度の全米野球記者協会の投票で米国野球殿堂に選出されたジム・トーミ氏はイリノイ州出身の内野手、指名打者。候補1年目に89.8%の得票率(75%以上が当選)で選出された。

【PR】今なら「DAZN」無料視聴可能! MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 1970年8月生まれ。1989年、イリノイ州の短大からドラフト13巡目(全体333位)でクリーブランド・インディアンスに入団。同期の1巡目には2014年に殿堂入りした強打者フランク・トーマスや、319セーブのクローザー、トッド・ジョーンズなどがおり、彼らに比べれば目立たない選手だった。

 1989年ルーキーリーグのGCLインディアンスでは、なんと213打席で0本塁打。不安なスタートだったが、翌年ルーキーリーグとA+で16本塁打、91年も好成績を上げて同年9月4日にメジャーデビュー。ツインズ戦に「7番・三塁」で先発出場し、4回にトム・エデンから三塁に内野安打を放った。

 右投げ左打ち。しばらくは控え三塁手、代打としての起用が続いたが、94年に20本塁打。殿堂入りしたエディ・マレーや、アルバート・ベル、マニー・ラミレスらと中軸を打つまでに成長した。

 ただ三塁手としては守備率は95%前後。失策も多く不安定だった。1997年に強打の三塁手マット・ウィリアムスが移籍してくると、トーミは一塁手となる。

 トーミは抜群の飛距離を誇るパワーヒッターだったが、同時に20代前半から優れた選球眼の持ち主だった。本塁打を狙うため三振も多かったが、好球を狙って辛抱強くボールを見送り、三振とほぼ同数の四球を選ぶため通算出塁率は4割に達した。シーズン100四球以上は9回を数える。

 20世紀の終わり頃から、MLBではセイバーメトリクスへの理解が進んだ。セイバーでは四球と安打は同じ価値があるとされる。また長打力のある打者が評価される。トーミは足が遅く、守備も得意ではなかったが、出塁率+長打率で求められるセイバーの指標OPSは、常にリーグトップクラスだった。

 2002年オフにFAとなり、フィリーズに移籍。ナショナル・リーグに移籍しても打棒は変わらず移籍1年目には47本で本塁打王になる。2005年に右ひじを負傷し、シーズンの大半を棒に振ると、2006年はトレードでホワイトソックスに移籍。ア・リーグに戻ってからはもっぱらDHとして打撃に専念した。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬