野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武が球団初キャップスポンサー契約 春季キャンプから着用

西武は29日、「こんにゃくパーク」を運営する株式会社ヨコオデイリーフーズとキャップスポンサー契約を締結したことを発表した。

西武が球団初のキャップスポンサー契約を結んだことを発表した【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武が球団初のキャップスポンサー契約を結んだことを発表した【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

群馬県が本社の「こんにゃくパーク」、山川「たくさんホームランを打ちたい」

 西武は29日、「こんにゃくパーク」を運営する株式会社ヨコオデイリーフーズとキャップスポンサー契約を締結したことを発表した。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武がキャップスポンサー契約を結ぶのは球団初で、2月1日から始まる春季キャンプより「こんにゃくパーク」のロゴの入ったキャップを着用する。居郷肇球団代表取締役は「今シーズンは当球団が所沢市に本拠地を構えて40周年を迎えるということもあり、そのタイミングでヨコオデイリーフーズ様にサポートいただける事となり、たいへん嬉しく思っております」とコメント。今後はこんにゃくを利用したエネルギー飲料の製品化や、群馬県内での野球教室など予定している。

 会見にはチームを代表して山川穂高内野手、高橋光成投手が同席。体重100キロを超える主砲の山川は「カロリーが低いのにこの味だったらたくさん食べても良いし、ダイエットにも良いと思いました。本当に美味しかったです。この「こんにゃくパーク」のロゴが入ったキャップを被ってたくさんホームランを打ちたいです」と今季の活躍を約束した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」