野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高卒2年目コンビ、左右の即戦力投手…オリックス1軍キャンプ抜擢の若手

2018年のプロ野球シーズン到来が目前に迫ってきた。各球団が一斉にキャンプをスタートさせる2月1日まで、あと数日。プロ野球ファンの心躍る季節が、いよいよやってくる。

春季キャンプ1軍スタートのK-鈴木【写真:編集部】
春季キャンプ1軍スタートのK-鈴木【写真:編集部】

田嶋は最速152キロの即戦力左腕、長身から151キロのK-鈴木

 2018年のプロ野球シーズン到来が目前に迫ってきた。各球団が一斉にキャンプをスタートさせる2月1日まで、あと数日。プロ野球ファンの心躍る季節が、いよいよやってくる。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「がんばろう神戸」を掲げた1996年にリーグ制覇、日本一になって以来、21年間ペナントから遠ざかっているオリックス。2014年にソフトバンクと優勝争いを繰り広げたが、その後は3年連続Bクラスと低迷している。

 昨年は序盤こそAクラス争いを演じたが、4月後半に4番のロメロが左膝の故障で登録を抹消されると徐々に勢いを失い、最終的には4位に終わった。立て直しを図るチームはオフに常勝軍団・ソフトバンクの打撃陣を支えた藤井康雄、中日から高山郁夫両コーチを招聘。投打でチームの再建を進めている。

 オリックスの春季キャンプは1、2軍共に宮崎県にある宮崎市清武総合運動公園で行われる。1軍が使用するSOKKENスタジアム、2軍が使用する清武第2野球場は目と鼻の先にあるほどの距離にあり、2軍選手にとっては近くて遠い1軍とも言える。福良監督は「今年は例年以上に競争に期待できる」と口にしており、熾烈なポジション争いになるのは間違いない。即戦力候補の新人4人が1軍スタートになるなど見どころの多いキャンプになりそうだ。ここでは、オリックスの1軍キャンプに抜擢された期待の若手(1軍出場10試合未満)をピックアップしていこう。

◯田嶋大樹投手(21歳、新人)
 佐野日大高からJR東日本と渡り、ドラフト1位でオリックスに指名された社会人ナンバーワン左腕。高校時代からプロの注目を集め、スリークオーターから投じる最速152キロの直球に切れ味鋭いスライダーが武器だ。先発ローテ入りに期待がかかる。新人合同自主トレの終盤は微熱で練習を欠席していたが、問題はなく1軍スタートを迎える。

◯K-鈴木投手(23歳、新人)
 千葉明徳高、国際武道大、日立製作所を経て、ドラフト2位で入団したルーキー右腕。チームには同姓同名の読みを持つ鈴木昂平内野手がいたため、球団から登録名を「K-鈴木」にすることを打診され快諾した。身長186センチの長身から投じる、角度のある最速151キロの直球が最大の武器。

◯福田周平内野手(25歳、新人)
 広陵高、明大、NTT東日本と渡りドラフト3位でオリックス入りした右投左打のルーキー。身長169センチと小柄ながら広角に打ち分けるシュアな打撃と、内野ならどこでも守れる器用さを兼ね備えている。昨季は正遊撃手の安達が潰瘍性大腸炎を再燃するなど二遊間が手薄なチームだけにアピール次第では開幕1軍の可能性も十分にある。

◯山足達也内野手(24歳、新人)
 大阪桐蔭高、立命大、Honda鈴鹿を経て、ドラフト8位でオリックスに指名された50メートル5秒8を誇る快足ルーキー。昨年のチーム盗塁数は12球団最少の「33」に終わっただけに“足のスペシャリスト”候補として1軍に抜擢された。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬