野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルは「ヤンキースと5年契約」 去就決着迫る中、米メディアが「大胆予測」

ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の去就問題が大詰めを迎えているようだ。FA市場が歴史的な停滞を見せるなか、複数の地元メディアはNO1評価を受ける日本人右腕が契約間近だと報道。有力候補としてカブスの名前が挙がっているが、米スポーツサイト「ブリーチャーレポート」は「大胆予測」として「ヤンキースとの5年契約」を掲げている。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

FA市場は歴史的停滞、NO1評価のダルビッシュにいよいよ決着間近との報道

 ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の去就問題が大詰めを迎えているようだ。FA市場が歴史的な停滞を見せるなか、複数の地元メディアはNO1評価を受ける日本人右腕が契約間近だと報道。有力候補としてカブスの名前が挙がっているが、米スポーツサイト「ブリーチャーレポート」は「大胆予測」として「ヤンキースとの5年契約」を掲げている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 スプリングトレーニングの開始まで約2週間。ダルビッシュだけでなく、J・D・マルティネス外野手、エリック・ホズマー内野手、ジェイク・アリエッタ投手らFA市場でトップクラスの評価を受けている選手がことごとく未契約となっている現状は、まさに異常事態と言える。ただ、ここにきてダルビッシュが契約間近だとの報道が出てきた。

 そんな中、「ブリーチャーレポート」は「MLBオフシーズン:各トップフリーエージェントの移籍先を大胆予測」と題した特集記事を掲載。当然、ダルビッシュの名前も出てくる。予測は「ヤンキースと5年契約」だ。

 寸評では「(地元紙の)『フォートワース・スターテレグラム』のジェフ・ウィルソンはレンジャーズ、ツインズ、アストロズ、カブス、そしてヤンキースを有力候補として挙げている。一方で、ダルビッシュ自身はもう1球団が候補になっていると示唆している。ゲリット・コールをトレードで獲得したことで、おそらくアストロズはこのリストから姿を消すだろう」と、ここまでの経緯を説明。さらに、以下のように続けている。

「もしこのグループの中で6年契約を厭わない球団があれば、彼らは有利に展開することができるだろう。ダルビッシュは31歳であり、日本での登板を含めると通算で2127回2/3(実際には2212回)をプロで投げている。同年代の投手と比較して、彼との長期契約はリスクが高い」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」