野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 近年希少なフランチャイズプレーヤー、殿堂入りの名遊撃手トランメルの功績

近年希少なフランチャイズプレーヤー、殿堂入りの名遊撃手トランメルの功績

2018年度のベテランズ委員会によって米国野球殿堂に選出されたアラン・トランメル氏はデトロイト・タイガース一筋の名遊撃手だった。

タイガース在籍時のアラン・トランメル【写真:Getty Images】
タイガース在籍時のアラン・トランメル【写真:Getty Images】

体は標準的も身体能力は抜群、1987年にはMVP投票で2位に

 2018年度のベテランズ委員会によって米国野球殿堂に選出されたアラン・トランメル氏はデトロイト・タイガース一筋の名遊撃手だった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 1958年2月カリフォルニア州生まれ。サンディエゴの高校を経て1976年ドラフト2巡目でデトロイト・タイガースに。このときのドラフト同期、5巡目には今年同じベテランズ委員会によって殿堂入りが決まった投手のジャック・モリスがいた。

 183センチ74キロと体のサイズは標準的だったが、身体能力は抜群で、入団翌年の9月にはMLB昇格を果たし、9日のレッドソックス戦のダブルヘッダー第2試合に、「9番・遊撃」で先発。3回の第1打席で、先発レジー・クリーブランドから中前打を放っている。この日、「2番・二塁」で同じくMLBデビューを果たしたルー・ウィテカーとは19年もの長い間、二遊間コンビを組むことになる。

 翌年には正遊撃手となり139試合に出場するが、新人王は僚友ウィテカーが獲得。トランメルは新人王投票で4位だった。1980年にはオールスター初出場。初のゴールドグラブも受賞している。

 トランメルが活躍した時期のタイガースは、名将スパーキー・アンダーソン監督の長期政権時代。一塁ダレル・エバンス、捕手ランス・パリッシュ、外野にチェット・レモン、カーク・ギブソンなどの強打者を擁し、トランメルとウィテカーは守備の要として活躍した。また足も速く、生涯に236盗塁を記録している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」