野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「イチロー世代」のもう1人の“パイオニア” 3Aまで這い上がった日本人野手の今

「イチロー世代」のもう1人の“パイオニア” 3Aまで這い上がった日本人野手の今

根鈴(ねれい)雄次氏は、1973年8月生まれ。イチロー世代の44歳。法政大学を経て2000年モントリオール・エクスポズとマイナー契約。マイナーのAクラスからスタートしAAAでもプレーした左打者だった。現在は、独自の野球理論で注目を集める指導者になっている。

3Aでプレーした経験を持ち、現在は指導者として活躍する根鈴雄次氏【写真:広尾晃】
3Aでプレーした経験を持ち、現在は指導者として活躍する根鈴雄次氏【写真:広尾晃】

1Aから3Aまで這い上がった日本人野手、指導者として注目集める根鈴雄次

 根鈴(ねれい)雄次氏は、1973年8月生まれ。イチロー世代の44歳。法政大学を経て2000年モントリオール・エクスポズとマイナー契約。マイナーのAクラスからスタートしAAAでもプレーした左打者だった。現在は、独自の野球理論で注目を集める指導者になっている。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 根鈴氏に日米の野球観の違い、そして指導者としての考え方を聞いた。

「僕は小さいころから規格外に体がでかくて、大きいのを飛ばしていたから、少年野球のチームでは指導者から“勝手にやってろ”と放っておかれたんです。だから日本流の野球の指導をあまり受けていません。高校時代にアメリカに行ったこともあって、法政大学を出てから、再び渡米してトライアウトを受け、エクスポズに入った。そしてAAAまで上がった。アジア人で下から始めてAAAまで行ったのは僕が初めてです。

 日本人野手も何人も挑戦しているけど、イチロー選手や松井秀喜選手などNPBから平行移動した選手は別にして、野手ではAAまで行った選手もいない。今、ニューヨーク・ヤンキース傘下にいる加藤豪将君がA+に進んでいますが、彼が一番上じゃないかな。

 僕は左投左打でAAAで公式戦では5番を打ちました。オープン戦では、4番も打ちました。左投左打は一塁か外野手、DHしか守備位置がないから、そうならざるを得ない。AAAではホームランも2本打っている。1本は大家友和投手からでした。あとで聞いた話では、セプテンバーコールアップ(MLBで9月に25人のベンチ枠が40人に増え、若手に試合出場のチャンスを与えること)のリストに上がっていたんだそうです」

 エクスポズ傘下のAAAオタワ・リンクスにステップアップした当時の根鈴氏のチームメイトには、ゴールドグラブ2回の名遊撃手オーランド・カブレラ、マリナーズでイチローともプレーしたミルトン・ブラッドリー、それにNPBでも活躍したフェルナンド・セギノールなどがいる。根鈴氏のチームメイトの大半の選手がMLBでプレーしている。

人気記事ランキング