野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 育成から這い上がる男たち 2018年“ネクストブレイクの原石”は?

育成から這い上がる男たち 2018年“ネクストブレイクの原石”は?

いよいよ球春が到来する。2月1日、プロ野球12球団はそれぞれのキャンプ地で一斉にキャンプをスタートさせる。シーズン開幕まで約2か月。レギュラー獲り、開幕1軍入りを目指し、それぞれの選手によるアピール合戦がスタートする。

ソフトバンク・長谷川宙輝(左)と野澤佑斗【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・長谷川宙輝(左)と野澤佑斗【写真:福谷佑介】

いよいよ球春到来、2018年シーズン育成から這い上がる選手は誰?

 いよいよ球春が到来する。2月1日、プロ野球12球団はそれぞれのキャンプ地で一斉にキャンプをスタートさせる。シーズン開幕まで約2か月。レギュラー獲り、開幕1軍入りを目指し、それぞれの選手によるアピール合戦がスタートする。 

 現在のプロ野球界では支配下契約でプロ入りした選手だけでなく、育成契約としてプロの門を叩き、1軍の主力になるまでに飛躍することも珍しくない。かつては巨人の山口鉄也や松本哲也(現3軍外野総合コーチ)、今ではソフトバンクの千賀滉大や甲斐拓也といった侍ジャパンメンバーになるまでに成長した選手もいる。 

 プロ入り時点では体力不足など、まだ支配下としての力ではないとされながらも、その秘めたる潜在能力を買われて指名を受けた育成選手や、怪我などのためになかなか力を発揮出来ずに支配下から育成契約に切り替えられた選手。そんな育成選手、また今オフに育成選手から支配下契約となった選手で、今キャンプからの飛躍、開幕1軍入りの可能性も感じさせる主な選手たちを、ここでピックアップして見たい。 

 現在、育成選手といえば、ソフトバンクを思い浮かべる人も少なくないだろう。千賀、甲斐だけでなく、昨季1軍デビューして8勝を挙げた石川柊太も育成出身。そんな先輩たちに続きそうな期待感ある若手は他にもいる。

人気記事ランキング