野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

雪辱期すロッテ石川がブルペンで30球 仕上げは「いつもより早めに」

ロッテ石川歩投手が、雪辱のシーズンに向けて早めに仕上げることを明らかにした。ロッテは1日、沖縄県石垣島でキャンプイン。天候不順のため、初日は雨用の練習メニューで、2班に分かれて室内中心の練習を行った。

キャンプイン初日からブルペンに入ったロッテ・石川歩【写真:細野能功】
キャンプイン初日からブルペンに入ったロッテ・石川歩【写真:細野能功】

昨季は3勝11敗と期待に応えられず

 ロッテ石川歩投手が、雪辱のシーズンに向けて早めに仕上げることを明らかにした。ロッテは1日、沖縄県石垣島でキャンプイン。天候不順のため、初日は雨用の練習メニューで、2班に分かれて室内中心の練習を行った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季で5年目を迎える石川は、初日からブルペンで約30球を投げ、「いつもより早めに(仕上げる)。(いかに)良い球を投げられるか。投げるボールの確率をあげたい」と話した。

 昨年は侍ジャパンとして出場した第4回WBCで、初戦のキューバ戦で先発を務めるも調整に苦心。そのツケが回ったか、わずか3勝(11敗)に終わり、2016年の防御率1位投手が期待を裏切った。

 言葉自体は「何もなく、普通」と相変わらず飄々としていたが、「(キャンプ初日にしては)いいんじゃないですか」と手応えはあった様子。4月11日に30歳を迎える右腕が、雪辱のシーズンをスタートさせた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」