野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ・ドラ1安田が鈴木と三塁でノック同組「どんどん吸収していきたい」

ロッテのドラフト1位ルーキー・安田尚憲内野手が、主力組のA班からスタートを切った。あいにくの雨模様で、室内練習場中心にメニューとなったが、同じ三塁のポジションを争う鈴木大地とノックを受けるなど充実した初日となった。

キャンプ初日を終えたロッテ・安田【写真:細野能功】
キャンプ初日を終えたロッテ・安田【写真:細野能功】

三塁を争う鈴木と同組。井口監督「このキャンプ中はおそらく同じ組」

 ロッテのドラフト1位ルーキー・安田尚憲内野手が、主力組のA班からスタートを切った。あいにくの雨模様で、室内練習場中心にメニューとなったが、同じ三塁のポジションを争う鈴木大地とノックを受けるなど充実した初日となった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 将来のロッテを背負う逸材の英才教育が、早くも始まった。井口新監督は「大地はチームの中で、引っ張っていく(存在の)選手。そういう選手と組ませることは非常に大事。このキャンプ中はおそらく同じ組」と意図を説明。プロのスタートを切った安田も「どんどん吸収していきたい」と目を輝かせていた。

 打撃練習ではプロの打撃投手の球に慣れないせいか「今日は自分のスイングができなかった」と反省を口にしたが、指揮官は「最初はタイミングが合ってなかったが、随所に強い打球もあり、さすがというのはあった」と一定の評価を下した。

 キャンプ初日にはこれまで意識していなかった走塁面にも興味を抱いた様子。島田誠臨時コーチから教えを受け「公式戦では(盗塁は)片手ぐらい。足は速い方ではないが、走塁は盗塁だけではない。ひとつでも多く次の塁を狙えるように、実戦の中で意識をもってやりたい」と、さらなるレベルアップを誓った。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」