野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ野球キャンプがスタート 宮崎と沖縄、それぞれの楽しみ方

プロ野球キャンプでは、シーズン中よりもはるかに近い距離で野球選手と接することができる。普段は見られない選手の表情、間近で見る迫力あるプロのプレーなど。その他にも各球団、キャンプ地でしか味わえない様々なイベントが楽しめる。

雨模様の中ソフトバンクは宮崎でキャンプイン【写真:藤浦一都】
雨模様の中ソフトバンクは宮崎でキャンプイン【写真:藤浦一都】

宮崎のキャンプ地は、いずれも最寄り駅から徒歩圏内

 プロ野球キャンプでは、シーズン中よりもはるかに近い距離で野球選手と接することができる。普段は見られない選手の表情、間近で見る迫力あるプロのプレーなど。その他にも各球団、キャンプ地でしか味わえない様々なイベントが楽しめる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まずは5球団がキャンプを張る宮崎県。鉄道の駅に近いのは、巨人(JR日南線木花駅、運動公園駅)、広島(JR日南線油津駅)、西武(JR日南線南郷駅)。いずれも駅から歩いてキャンプ地まで行くことが可能だ。JR宮崎駅の駅前からは、ソフトバンク、オリックス、巨人のキャンプ地に向けて直通バスが運行されている。バスには各球団のラッピングがされているので、すぐに分かるはずだ。

 土日には宮崎市内にあるソフトバンク、オリックス、巨人のキャンプ地を結ぶシャトルバス「三球シャトル」が運行されている。巨人の宮崎キャンプは12球団でも随一の広さと規模を誇っている。メイングラウンドからブルペンまでは、歩けば20分以上かかるので、シャトルバスが運行されているほど。5つのキャンプ地では、ともに地元の名産物や土産物、B級グルメなどを販売する売店が並んでおり1日中、飽きることなく楽しむことができる。また足湯の店が設けられているキャンプ地もある。

 各球団のグッズ関係の品ぞろえも豊富だ。中には、キャップなどのキャンプ限定グッズも発売している。こうした店を見て回るのも1つの楽しみといえる。さらに、宮崎市観光協会では、宮崎県の特産品が当たる「スタンプラリー」を実施している。また、ソフトバンク、オリックス、巨人3球団連携ロゴ入りのTシャツ、フェイスタオル、ピンバッヂなども販売している。宮崎は南国だが、日によっては氷点下になることもある。雪が降ることもある。防寒具の用意はしっかりしておこう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」