野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

米キャンプ初参加のハム宮西がブルペン入り 今季のカギは「7、8、9回」

日本ハムの宮西尚生投手が2日(日本時間3日)、ブルペンで約50球を投げた。今年でチームのアリゾナキャンプは3年目を迎えるが、ベテラン左腕の参加は初。捕手を立たせた状態ではあったが、力強いボールを投げ込み、順調な仕上がりを伺わせた。

日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】
日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】

今季は海外FA権を行使せず残留「やっぱりやり返したい」

 日本ハムの宮西尚生投手が2日(日本時間3日)、ブルペンで約50球を投げた。今年でチームのアリゾナキャンプは3年目を迎えるが、ベテラン左腕の参加は初。捕手を立たせた状態ではあったが、力強いボールを投げ込み、順調な仕上がりを伺わせた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季終了後に海外フリーエージェント(FA)権を行使せず、日本ハムに残留を決めた。10年間育ててくれたチームに野球人生を懸ける決意で迎える今季は、いつも以上に「優勝」への思いは強い。10年連続50試合以上登板という安定した貢献を見せながら、昨季はデビューした2008年の防御率4.37という数字以来、初めて3点台を越えた(3.32)。チームも前年の日本一から一転、5位に低迷。「やっぱりやり返したいというのがある」と語った左腕が巻き返しのカギに挙げるのが、終盤を担うリリーバーの存在だ。

 昨季セットアッパーを務めたマーティンは米復帰、守護神だった増井浩俊はオリックスへFA移籍。「特に今年は後ろ2人がいなくなっているんで大事になってくる。ファイターズの野球は元々守りの野球。7、8、9(回)っていうのを、しっかりやっていかないと優勝は見えない」と話す。もちろん、ファイターズ愛を貫いた宮西にかかる期待は大きい。

「(チームを)引っ張っていくというか勝手についてくるもんだと思ってますし、自分がしっかり結果を出せれば、ある程度は優勝争いはできると思う」

 プロ11年目。鉄腕左腕が力強く始動した。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」