野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

FA上原浩治、練習続けるも複雑な心境吐露「いつまでかかるんだよ~~~~」

カブスからフリーエージェント(FA)となり、市場の“歴史的停滞”も影響して未だ新天地の決まっていない上原浩治投手が、苦しい状況で懸命に自主トレを続けている。

去就に注目が集まる上原浩治【写真:Getty Images】
去就に注目が集まる上原浩治【写真:Getty Images】

ツイッターで投球練習の報告を“3連投”も…「気持ちの維持が難しい」

 カブスからフリーエージェント(FA)となり、市場の“歴史的停滞”も影響して未だ新天地の決まっていない上原浩治投手が、苦しい状況で懸命に自主トレを続けている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 上原は1月30日に自身のツイッターで「昨日は75球のピッチング… いつまでこの状態が続くのか…」と報告。すると、同31日には「今日は65球… 気持ちが入らない… (^^;)」と呟いた。そして、3日には「77球のピッチング… (o^^o) いつまでかかるんだよ~~~~ 気持ちの維持が難しい (^^;)」と、投球練習の報告を“3連投”。ただ、無所属の状態で2月を迎え、複雑な気持ちでトレーニングを続けているようだ。

 今オフ、メジャーのFA市場は異常なスローペースで、2月に入ったにもかかからず、ダルビッシュ有投手、ジェイク・アリエッタ投手、J・D・マルティネス外野手、エリック・ホズマー内野手ら、トップ評価を受ける選手たちですら、まだ契約していない。メジャー球団は2月中旬から次々キャンプインとなるが、4月に43歳になる上原の去就決着には、まだ時間がかかる可能性がある。

 上原は2日にはブログで同い年の西武・松井稼頭央らのグループと「食事会」をしたことを報告。「西武の稼頭央、金子くん!! ヤクルトの小川、田川くん! 巨人の吉川くん!! みんなが無事にキャンプを過ごして、一軍で活躍できるように頑張ってほしいね (o^^o)」と綴った上で「自分も頑張るぞ~~」と締めくくっていた。

 新天地が決まるのはいつになるのか。厳しい状況の中でも、ベテラン右腕は自分を磨き続けている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」