野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム栗山監督に“うれしい悩み” 予想超える補強に「5人をどうしたら一番…」

日本ハムの栗山英樹監督がうれしい悩みに直面した。

日本ハムのアリゾナキャンプでは新外国人3投手が揃ってブルペン入り【写真:盆子原浩二】
日本ハムのアリゾナキャンプでは新外国人3投手が揃ってブルペン入り【写真:盆子原浩二】

マルティネス、トンキン、ロドリゲスがブルペン揃い踏み

 日本ハムの栗山英樹監督がうれしい悩みに直面した。アリゾナキャンプ2日目を迎えた2日(日本時間3日)、今季から加入した新外国人ニック・マルティネス投手、マイケル・トンキン投手、ブライアン・ロドリゲス投手が揃ってブルペン入り。3人が投げる様子を視察し「思った通りでした。いいですね」と話した指揮官は、同じく新加入のオズワルド・アルシア外野手、4年目を迎えるブランドン・レアード内野手と合わせ「外国人5人全員使えるんで、この使い方が多分、相当問われるだろうな、と」と語った。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日のブルペンでは外国人3投手が揃い踏みした。NPB球は「少し小さめに感じる」というロドリゲスは「悪くなかった」と58球を投げ、約40球を投げたトンキンは「早い段階にしてはいい仕上がり」とうなずく。メジャー17勝のマルティネスは最も少ない約30球をだったが、栗山監督は「本当にちゃんとしている。ちゃんとし過ぎているから…」と真面目な練習態度を褒めつつも、“飛ばしすぎ”を気遣う親心を見せた。

 イメージ通りの3投手を見て、悩みも増えた。

「5人とも生かさないといけないと思う」

 3年連続30本を記録し、今季4年目を迎える実績十分なレアードに加え、かつてメジャー有望株だったアルシアもいる。「元々外国人を取る時に、まさかこの5人が取れるとは思わなかった」と、今季補強は予想を超える大成功。確かな素材は揃っているだけに、外国人選手登録の4枠をどうに有効活用するかは首脳陣次第。「本当に上手く5人をどうしたら一番(生かせるか)っていうのを考えないといけないだろうね」とうれしい悲鳴を上げた。

 まだキャンプインしたばかり。3月30日の開幕まで時間はあるが、このうれしい悩みはシーズンを通じて抱えていたいことだろう。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」