野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「トライをしないのが罪なんだ」―ロッテ井口監督、史上最大の下剋上へ

千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが活気に満ち溢れている。キャンプ地に訪れる観客も多い。キャンプ2日目の2月2日には例年の休日並みの1500人が訪れた。誰もが井口資仁監督率いる新生千葉ロッテマリーンズに期待を寄せ、夢を膨らます。それに応えようと選手たちがハツラツと練習をしている。

今年のチームスローガン「マクレ」を掲げる井口資仁監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
今年のチームスローガン「マクレ」を掲げる井口資仁監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

「優勝」を公言する新指揮官のもと、すでに大きな化学反応も

 千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが活気に満ち溢れている。キャンプ地に訪れる観客も多い。キャンプ2日目の2月2日には例年の休日並みの1500人が訪れた。誰もが井口資仁監督率いる新生千葉ロッテマリーンズに期待を寄せ、夢を膨らます。それに応えようと選手たちがハツラツと練習をしている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「リーグ1位での優勝から球団として、これだけ遠ざかっているのは悔しいこと。まずはしっかりとパ・リーグで優勝をしたい。去年の悔しさをぶつけて、いろいろなことにチャレンジをすればおのずと優勝も見えてくる」

 若き新指揮官はことあるごとに声高らかに「優勝」を公言している。昨季は54勝87敗2分けの最下位。周囲は笑うかもしれないが、千葉ロッテマリーンズの誰もが新しいシーズンの巻き返しに自信を持つ。練習法、コミュニケーション方法、指導法、調整方法、走塁革命、データの見直し、時間の有効利用、育成方法などなど。紹介をしたらきりがないほどの様々な革命を組織に注入することで、各方面ですでに大きな化学反応が起き始めている。

 キャンプ前日に行われる恒例のミーティングも熱かった。井口監督の熱のこもったスピーチが続いた。それを選手たちが真剣なまなざしで聞いた。

「最低140盗塁をしよう。走塁でまず相手にプレッシャーを与えられるチームになろう。フォークなどワンバウンドした球を相手投手が投げれば、一塁走者は必ず二塁を陥れるぐらいの気持ちで行こう。トライした結果、失敗してもオレは責めない。しかし、トライをするのを恐れて躊ちょするのであれば、オレは責めることになると思う。トライをしないのが罪なんだ」

 普段はクールな男が、積極的な走塁がもたらす好循環を熱く語り、奨励した。指揮官のたってのオファーを受け、絶対王者・福岡ソフトバンクホークスから移籍入団をした鳥越裕介ヘッドコーチ兼内野守備・走塁コーチはその姿をうれしそうに眺めていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」