野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1年目で10勝も調子に波 DeNA濱口がたどり着いた課題解決の答えとは

DeNAの2年目左腕・濱口遥大投手が4日、今キャンプ3度目のブルペン投球を行った。速球、スライダー、カーブ、フォークを交えて52球を投げ、「今のところ順調。回数を入るうちによくなっている感じがある」と手応えを語った。

DeNAの2年目左腕・濱口遥大【写真:荒川祐史】
DeNAの2年目左腕・濱口遥大【写真:荒川祐史】

好不調の波を減らすために求める「フォームの再現性」

 DeNAの2年目左腕・濱口遥大投手が4日、今キャンプ3度目のブルペン投球を行った。速球、スライダー、カーブ、フォークを交えて52球を投げ、「今のところ順調。回数を入るうちによくなっている感じがある」と手応えを語った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今キャンプのテーマは「フォームの再現性」だ。ルーキーイヤーだった昨季は、22試合に先発して10勝6敗、防御率3.57の好成績を挙げ、日本シリーズでもホークス打線を圧倒する快投を披露。だが、プロとして初めて野球と1年向き合う中で見つかる課題もあった。

 それが、体の状態によってフォームが崩れてしまうこと。結果として、好不調の波が生まれてしまった。1年間安定したパフォーマンスを続けるには何が必要か。そう考えた時にたどり着いた答えが「フォームの再現性を高めること」だった。

「やっぱり7月、8月くらいになってくると体も疲れてきますし、そこでフォームの再現性を高めて、同じようなフォームで投げることができれば一番いいのかなと思います」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」