野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

マーリンズ田澤が大谷の“二刀流”実現を応援「間違いなく挑戦した方がいい」

今季メジャー移籍10年目を迎えるマーリンズ田澤純一投手。2009年に海を越えてアメリカに渡って以来、2013年にレッドソックスで世界一に輝いた一方で、初年度はマイナーの2Aからスタートし、右肘靱帯再建手術を経験しながら、地道にキャリアを積み上げてきた。

自主トレを行うマーリンズ・田澤純一【写真:佐藤直子】
自主トレを行うマーリンズ・田澤純一【写真:佐藤直子】

自身も前人未到の道に挑戦、やりがいと難しさを知る右腕

 今季メジャー移籍10年目を迎えるマーリンズ田澤純一投手。2009年に海を越えてアメリカに渡って以来、2013年にレッドソックスで世界一に輝いた一方で、初年度はマイナーの2Aからスタートし、右肘靱帯再建手術を経験しながら、地道にキャリアを積み上げてきた。渡米当時は23歳。日本人メジャー選手の中では誰よりも若かった右腕だが、今ではヤンキース田中将大、ドジャース前田健太ら“後輩”もできた。「彼らは日本で結果を残してきた選手。僕が学ぶことも多いです」と、その姿勢は飽くまで謙虚だが、今季から新たにメジャー入りする“後輩”の動向は気になるようだ。

「大谷(翔平)君の二刀流がアメリカで成功したら面白いなって思いますね。最近のメジャーでは誰もやっていないことなんで、チャンスがあれば挑戦した方がいいと思います」

 大谷の代理人を務めるCAAのネズ・バレロ氏は、渡米から田澤をサポートし続けてきた代理人でもある。「たまたま同じエージェントなので、チームは違いますけど会う機会はあるのかな」と話す田澤自身も、日本球界を経ずにメジャー球団と契約を結ぶという前例のない道を歩んだ。当時はもちろん、応援と批判の両方の声が耳に飛び込んできた。自分が下した決断には、今でも後悔はないし、自分が負うリスクは厭わない。ただ唯一心を痛めているのが、意図せずに生まれた“田澤ルール”により、それ以降のアマチュア選手がメジャーを目指しにくい環境が生まれてしまったことだ。

 何か新しいことに挑戦するやりがいと難しさを知る右腕は、同時にアメリカが驚くまでにドライな契約社会であることも、メジャーとマイナーを行き来した9年間で身を持って経験してきた。だからこそ、大谷の二刀流挑戦を心から応援しつつも、「チャンスをしっかり与えられるのかな、という純粋な疑問はあります」というメジャー選手ならではの視点も持っているようだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」