野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

登録名変更で心機一転 勝負の年を迎える「外れ外れ外れ1位」の今

オリックスの後藤駿太外野手が、プロ入り以来親しまれてきた登録名「駿太」を、今年からフルネームに変更する。結婚を機に「後藤家を背負う」決意の表れだという。

オリックスの後藤駿太【写真:荒川祐史】
オリックスの後藤駿太【写真:荒川祐史】

高校時代の異名は「上州のイチロー」

 オリックスの後藤駿太外野手が、プロ入り以来親しまれてきた登録名「駿太」を、今年からフルネームに変更する。結婚を機に「後藤家を背負う」決意の表れだという。キャンプ初日に「GOTOH」のユニホームをお披露目し、その背中を「カッコイイ」と自賛していた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 駿太改め後藤は、群馬県出身の24歳。前橋商業高校時代は、走攻守揃ったプレースタイルから「上州のイチロー」と異名を取った。2010年ドラフトでオリックスに1位指名を受けるが、実はその前に3度競合して全て抽選を外した結果「外れ外れ外れ1位」の指名。それでも「信じられない。うれしいです。(オリックスは)本当にプレーしたかったチーム」と初々しい笑顔でコメントし、ファンの心をがっちりとつかんだ。

 後藤の魅力は、何といっても驚異的な身体能力だ。180センチ、83キロのたくましい肉体で、足も早ければ肩も強い。相手チームの進塁に対して彼の名前が発揮する抑止力は、全外野手の中でもトップクラスだろう。

 大きな武器である強肩に関して、特に記憶に新しいのは昨年の5月28日の千葉ロッテ戦だ。オリックス1点リードで迎えた9回裏2死2塁、長打で同点、あるいはサヨナラのピンチ。ここで荻野貴司に中前打を浴びるが、中堅を守っていた後藤のレーザービームが炸裂する。本塁に突入した大嶺翔太を、見事なストライク送球で刺し、先発の山岡泰輔にうれしいプロ初勝利をプレゼントした。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」