野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

青木宣親が7年ぶりヤクルト復帰会見 4度目首位打者へ「それくらいの活躍したい」

7年ぶりにヤクルト復帰を果たした青木宣親外野手が6日、沖縄県那覇市内のホテルで入団会見を行った。小川淳司監督も同席し、背番号23のユニホームに袖を通した青木は「この度、6年間アメリカでプレーして来たんですけど、今年から2018年から古巣のヤクルトでプレーすることを決断しました」と笑顔を見せた。

ヤクルト復帰となる入団会見に臨んだ青木宣親と小川監督【写真:荒川祐史】
ヤクルト復帰となる入団会見に臨んだ青木宣親と小川監督【写真:荒川祐史】

米6年で7チームでプレーし通算打率.285も「ベースボールと野球の違いは感じている」

 7年ぶりにヤクルト復帰を果たした青木宣親外野手が6日、沖縄県那覇市内のホテルで入団会見を行った。小川淳司監督も同席し、背番号23のユニホームに袖を通した青木は「この度、6年間アメリカでプレーして来たんですけど、今年から2018年から古巣のヤクルトでプレーすることを決断しました」と笑顔を見せた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 神宮に青木が戻ってくる。2011年を最後に海を渡った男が、再びヤクルトのユニホームを身にまとう。前日、沖縄入りした際に「前から日本に帰ってプレーしたいと思っていた」と語った36歳外野手は、新たな気持ちで加入する“新天地”への思いを語った。

「メジャーを優先して探していたけれど、スローな市場。ヤクルトに迷惑が掛からないのは、この時期だと思って決断した。社長を含め、小川監督もそうですけど、ポスティングで行った後も毎年、毎年声を掛けてくれた。自分の中では思っていたこと」

 ポスティングシステム(入札制度)を経て移籍したメジャーでは、6年間で7チームを渡り歩いた。どこに行っても高く評価されたのが、確実なバットコントロールと三振の少なさ。1打席で稼ぐ球数は圧倒的な多さで、出塁後は“嫌な”走者として相手チームにプレッシャーを掛けた。ロイヤルズ時代の2014年にはワールドシリーズ出場に貢献した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」