野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム清宮、プロ入り“実感”の基準は「最強クローザー撃ち」!? 「球を見たい」

日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手が、“プロの仲間入り”の基準を「最強クローザー撃ち」に設定した。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:盆子原浩二】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:盆子原浩二】

キャンプ地訪問のサファテとの対戦熱望「打てるようになったら…」

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手が、“プロの仲間入り”の基準を「最強クローザー撃ち」に設定した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 米アリゾナ州スコッツデールでの春季キャンプは5日(日本時間6日)に第2クール初日を迎えたが、右手親指を負傷している黄金ルーキーはこの日も打撃練習を回避し、守備練習を重点的に行った。

 そして、キャンプ地には意外な人物も…。ソフトバンクのデニス・サファテ投手が“電撃訪問”。これを伝え聞いた清宮のテンションは一気に上がった。

「唸るような球ですね。テレビで見ているだけでも伸びてますし、それだけかと思ったらフォークも切れて落ちるので」

 こう話した後に「去年のMVPですよね? そういうピッチャーを打てるようになったら、やっとプロになったなという感じがすると思います。どんな球なのか見てみたい。打ったら打ったで自信になると思うので」と続けた。

 昨季覇者のソフトバンクは、日本ハムにとって2年ぶりのリーグ制覇への最大のライバル。清宮が開幕1軍の座をつかめれば、対戦のチャンスはすぐにやってくる。打ち砕いてプロ入りを“実感”したいところだ。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」