野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「彼の評判は非常に悪い」―ジーター氏を心配する盟友が擁護「時間がかかる」

「彼の評判は非常に悪い」―ジーター氏を心配する盟友が擁護「時間がかかる」

チーム再建を目指し、“改革“を進めるマーリンズのデレク・ジーター新オーナーへの風当たりが強くなっている。メジャー最強とも評されていた外野トリオを全員トレードに出すなど、主力を大量放出していることが波紋を広げており、スーパースターだった男の人気も低下してしまいそうだ。

大胆な“改革”を進めるマーリンズ新オーナーのデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
大胆な“改革”を進めるマーリンズ新オーナーのデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

ともに「コア4」を形成したポサダ氏、批判噴出のジーター氏を「擁護」

 チーム再建を目指し、“改革“を進めるマーリンズのデレク・ジーター新オーナーへの風当たりが強くなっている。メジャー最強とも評されていた外野トリオを全員トレードに出すなど、主力を大量放出していることが波紋を広げており、スーパースターだった男の人気も低下してしまいそうだ。ただ、ヤンキースでジーター氏とともに「コア4」として黄金時代を築いた元捕手のホルヘ・ポサダ氏は、親友を擁護している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 マーリンズは今オフ、昨季ナ・リーグ本塁打王&打点王の2冠を達成し、MVPに輝いたジャンカルロ・スタントン外野手をヤンキースに、4番として打率.312&37本塁打&124打点をマークしたマルセル・オズナ外野手をカージナルスに、不動のリードオフマンとして3度目の盗塁王(60盗塁)に輝いたディー・ゴードン内野手をマリナーズに、それぞれトレードで放出した。

 人気も実力もある主力3選手を放出しただけでなく、代わりに獲得した若手の質が良くなかったこともあって、チーム内外から不満が噴出。主力がさらに放出を望む事態となり、クリスチャン・イエリッチ外野手のブルワーズ移籍も決定した。ここでは超有望株を獲得したものの、最強外野トリオは“解体”。J・T・リアルミュート捕手、移籍したばかりのスターリン・カストロ内野手も未だにトレードを希望しているという。

 スタントンのトレードが成立した後には、「組織に居たくない者を迎えたくはない」と話していたというジーター氏。数年後の上位進出を目指して、覚悟を決めて改革を進めているようだが、地元ファンやメディアの支持は得られていない。ただ、現役時代から人格者として知られる同氏だけに、親友は信じるべきだと主張している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」