野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 米予測システム算出、大谷は防御率3.45&打率.269も…エ軍はPO進出ならず!?

米予測システム算出、大谷は防御率3.45&打率.269も…エ軍はPO進出ならず!?

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でエンゼルスに移籍した大谷翔平投手が、1年目から投打で上々の成績を残すと算出されている。セイバーメトリクスの手法では、防御率3.45、打率.269をマークすると予測。ただ、エンゼルスはプレーオフ進出を逃す可能性が高いようだ。

エンゼルスでの活躍が期待される大谷翔平【写真:編集部】
エンゼルスでの活躍が期待される大谷翔平【写真:編集部】

米シンクタンクが予測を発表、大谷はエンゼルスの「ローテーションでベスト」

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でエンゼルスに移籍した大谷翔平投手が、1年目から投打で上々の成績を残すと算出されている。セイバーメトリクスの手法では、防御率3.45、打率.269をマークすると予測。ただ、エンゼルスはプレーオフ進出を逃す可能性が高いようだ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 米CBSスポーツ(電子版)では、米国の野球専門シンクタンク「ベースボール・プロスペクタス」が発表した「PECOTA」の数字を基に特集記事を掲載。「PECOTA」は「Pitcher Empirical Comparison and Optimization Test Algorithm」の略で、将来の成績を予測して統計学的見地から分析するセイバーメトリクスの手法だ。その数字から「オオタニは素晴らしく思える」と言及している。

 寸評では「ペコタはオオタニがローテーションでベストとなる防御率3.45で、WARがほぼ3に値すると見ている」と言及。WAR(Wins Above Replacement)は様々な指標を総合して、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもので、「控えレベルの選手が出場する場合に比べて、どれだけチームの勝利を増やしたか」を表している。つまり、大谷はピッチャーの役割だけで3勝分をチームに上乗せする存在ということになる。これは「投手の中では19番目に高い数字」だという。

 もちろん、これだけが大谷の「価値」ではない。打者としての期待も高い。「それに加えて、オオタニは打撃でもかなりの成績を残すと予想されている。ペコタはオオタニが打率.269、出塁率.332、長打率.460の打撃成績を残すであろうとしている」。出塁率と長打率を合わせた数字であるOPSは.792。これらの数字は「約200打席に達する選手のうちの半数、及びプホルスの予想される数字を上回るもの」。打者としては、チームの主砲であるアルバート・プホルスをしのぎ、平均以上の数値を残すと算出された。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」