野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、MLB全体767位の厳しい評価「名高いキャリアは終末が迫ってる」

イチロー、MLB全体767位の厳しい評価「名高いキャリアは終末が迫ってる」

昨年限りでマーリンズとの契約が満了し、FAとなったイチロー外野手の去就も決まってない。MLB公式サイトが「ファンタジーベースボール」のために作成した選手ランキングでは、全804人の中で767位、外野手でも196位と厳しい評価となっている。

去就が注目されるイチロー【写真:Getty Images】
去就が注目されるイチロー【写真:Getty Images】

MLB公式が「ファンタジーベースボール」用に選手のランキングを作成

 メジャーリーグのFA市場は例年に比べて流れが遅く、選手会が未所属選手のためのキャンプ開催を準備するなど、“異常事態“となっている。昨年限りでマーリンズとの契約が満了し、FAとなったイチロー外野手の去就も決まってない。MLB公式サイトが「ファンタジーベースボール」のために作成した選手ランキングでは、全804人の中で767位、外野手でも196位と厳しい評価となっている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2015年にマーリンズに移籍してからは、4番手の外野手という立場ながら、存在感を見せてきたイチロー。1年目は主に途中出場ながらチーム最多の153試合に出場。打率.229と低迷しながら、若手からの尊敬を集め、チームに大きな影響を与えた。2年目の16年には打率.291と復活を果たし、メジャー史上30人目の通算3000安打も達成。昨年はメジャー最強とも称されたレギュラー外野トリオが好調だったため、出場機会に恵まれず打率.255に終わったものの、代打でのメジャー最多安打記録にあと「1」と迫るなど“新境地”を見せた。

 しかし、デレク・ジーター氏らが新オーナーに就任したマーリンズは若返りに舵を切り、イチローの2018年の契約延長オプションを行使せず。ヤンキースでチームメートだったジーター氏は、イチローに敬意を払い、直接決断を伝えたと報じられている。その後、オフのFA市場は史上稀に見るスローな動きとなり、多くの選手が未所属の状態。44歳のイチローもメジャーに残れるか、微妙な状況となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」