野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、カブスと6年137億円合意も「割安」 米誌「新たな犠牲者に」

ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の去就がようやく決着しようとしている。10日(日本時間11日)に米メディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者がカブスとの契約合意を速報したことを受け、複数の米メディアが一斉に報道した。

カブスへの移籍が報じられたダルビッシュ【写真:Getty Images】
カブスへの移籍が報じられたダルビッシュ【写真:Getty Images】

カブスと6年137億円で契約合意、ダルビッシュは「新たな犠牲者となった」

 ドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の去就がようやく決着しようとしている。10日(日本時間11日)に米メディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者がカブスとの契約合意を速報したことを受け、複数の米メディアが一斉に報道。6年総額1億2600万ドル(約137億円)の条件で、出来高を含めると最大で1億5000万ドル(約163億2000万円)、またダルビッシュが2年後にオプトアウト(契約破棄)する権利を保持することなども報じられている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現在は身体検査の結果待ちとされており、近日中に正式発表される見通し。現地ではヨエニス・セスペデス外野手が2016年11月にメッツと4年1億1000万ドル(約120億円)で契約して以来の1億ドル(約108億円)超えとなったことが伝えられ、カブスのFA契約市場では4例目の大台となったことも紹介された。昨夏に31歳を迎えたダルビッシュには長期契約を懸念する見方も一部で出ていたが、現時点で37歳のシーズンまで契約を結ぶ結果にもなった。しかし、それでも米メディアの中には今回の契約を「割安」とする報道も出ている。

 今回の契約合意を受け、「カブスがユウ・ダルビッシュを割引価格で獲得し、厄介なオフシーズンのトレンドは続く」と報じたのは、米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版だ。

 特集では今オフのFA市場が歴史的な停滞を見せていることに触れ、「この動きにより、獲得可能な最高の投手が信じられないほど遅い時期にFA市場から姿を消した」とレポート。この合意によって、必ずしもFA市場が動きが加速するとは言い切れないことを伝えた。


ダルビッシュが古巣相手にオープン戦初登板!

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」