野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 松井秀喜氏が宮崎で野球教室 質疑応答の5打席連続敬遠に「僕のパワーになった」

松井秀喜氏が宮崎で野球教室 質疑応答の5打席連続敬遠に「僕のパワーになった」

巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が11日、宮崎市内で野球教室を行った。宮崎市内だけでなく、2016年の熊本地震で被災した阿蘇市、南阿蘇村の子供も招き、計38人の子供に向け、キャッチボールやバッティングなどの指導を行なった。

野球教室で質問に答える松井秀喜氏【写真:福谷佑介】
野球教室で質問に答える松井秀喜氏【写真:福谷佑介】

宮崎市内、熊本地震で被災した子供たち計38人を招待

 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が11日、宮崎市内で野球教室を行った。宮崎市内だけでなく、2016年の熊本地震で被災した阿蘇市、南阿蘇村の子供も招き、計38人の子供に向け、キャッチボールやバッティングなどの指導を行なった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 教室の後半には、松井氏自らフリーバッティングを実演するコーナーもあり、現役時代を彷彿とさせるバッティングフォームから鋭い打球を飛ばし、子供たちからも大きな歓声が上がった。最後の質疑応答のコーナーでは、1992年の夏の甲子園2回戦、星稜対明徳義塾での松井氏の5打席連続敬遠の質問が子供から飛び「よく知っているね? まだ生まれていないでしょ?」とビックリしながらも「あれがその後の僕のパワーになった。野球をやるいいエネルギーになった」と語った。

 前日10日には、巨人の宮崎キャンプ60年記念として行われた「ジャイアンツvsホークスOB戦」に出場していた松井氏。教室が終わった後に報道陣に対応し、自身のバッティングについて「昨日もうダメだなと実感したので、あんなもんですね」と苦笑い。「みんな元気いっぱいで楽しく出来ました。彼らにとっていい思い出になればいいなと思います。(被災した子供たちが)前向きになれるキッカケになってくれれば」と子供たちへの思いを語っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」