野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ローテ2人、中軸2人で中心的役割期待…2018年オリックス外国人チェック

オリックスは、毎年、多くの外国人選手を起用するが、今年は今のところ投手2人、野手2人と外国人枠の範囲内に収まっている。

来日6年目のシーズンを迎えるオリックスのディクソン【写真:編集部】
来日6年目のシーズンを迎えるオリックスのディクソン【写真:編集部】

毎年多くの外国人選手を起用するオリックス、今年の陣容は?

 オリックスは、毎年、多くの外国人選手を起用するが、今年は今のところ投手2人、野手2人と外国人枠の範囲内に収まっている。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季のオリックス外国人選手。成績はNPB通算。

◯投手
アルバース 32歳(新加入)
ディクソン 33歳 NPB5年 43勝47敗0S0H、防御率3.30

 アルバースはケンタッキー大から2008年ドラフト10巡目(全体315番目)でパドレスに入団したが、翌年トミー・ジョン手術を受けて2010年3月にリリースされる。独立リーグを経てツインズと契約、2010年にMLBに昇格し、10試合先発し2勝5敗、防御率4.05。2014年はKBO(韓国プロ野球)のハンファでプレー。2015年にブルージェイズ、さらにツインズに復帰。ブレーブス傘下、独立リーグを経て2017年はマリナーズで9試合登板。8月から9月にかけて先発で5勝1敗、防御率3.51。QSは2試合だが、まずまずの成績を残した。

 メジャー通算では7勝6敗、防御率4.10だが、昨年だけで5勝している。185センチ、89キロの左腕。球速は148キロ前後だが制球が良く、ローテの一角を担うことが期待できる。苦労人でいろいろな環境で野球をしているだけに、NPBに順応する可能性はあるのではないか。

 ディクソンは6年目、実績のある右腕だ。今季も先発として期待できる。この2人がローテを担う可能性は大いにあるだろう。

 この2人がローテを担う可能性は大いにあるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」