野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • カブス強打者、ダルビッシュの“投球術”絶賛「突然ボールにするのがうまい」

カブス強打者、ダルビッシュの“投球術”絶賛「突然ボールにするのがうまい」

ドジャースからFAとなっていたダルビッシュ有投手と6年総額1億2600万ドル(約137億円)、出来高を含めると最大で1億5000万ドル(約163億3000万円)の契約に合意したと報じられたカブス。タレント揃いの名門は、2016年以来の世界一へ向けて貴重な戦力を加えた。新たなチームメートも、強力な補強に確かな手応えを示している。

カブスとの契約合意が報じられているダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブスとの契約合意が報じられているダルビッシュ有【写真:Getty Images】

シュワーバーもダルビッシュ歓迎「彼はここしばらく素晴らしい投手」

 ドジャースからFAとなっていたダルビッシュ有投手と6年総額1億2600万ドル(約137億円)、出来高を含めると最大で1億5000万ドル(約163億3000万円)の契約に合意したと報じられたカブス。タレント揃いの名門は、2016年以来の世界一へ向けて貴重な戦力を加えた。新たなチームメートも、強力な補強に確かな手応えを示している。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 日本人右腕獲得に歓迎の声を上げたのはカイル・シュワーバー外野手だ。地元紙「シカゴ・トリビューン」は「シュワーバーがダルビッシュ有のカブス加入を“チェリーが乗った状態”と表現」と伝えている。「彼が加わるのは、いわばチェリーが上に乗った状態」。要するに、願ってもないおまけが付いた状態、元々強いチームに大きな力がプラスされたと表現したという。

 シュワーバーは2014年にカブスからドラフト1巡目(全体4位)で指名され、強打の捕手として翌15年にメジャー昇格を果たした。デビュー後は左翼での出場が多くなったが、1年目から69試合で16本塁打、ポストシーズンでは9試合で5本塁打をマーク。翌16年には左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負ったものの、ワールドシリーズで復帰して打率.412と活躍し、世界一に貢献した。

 昨年は129試合出場で初の30本塁打を記録。記事によると、今季もキーマンの1人となる24歳はダルビッシュ加入をツイッターの報道で知ったといい、「みんな彼を知っている。彼はここしばらく素晴らしい投手だ」と話したという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」