野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス工藤監督が大トロをパクリ 「これで元気取り戻して頑張ります」

13日、長崎県松浦市鷹島の双日ツナファーム鷹島からソフトバンクに約50キロの養殖本マグロが贈呈された。

マグロと一緒にポーズをとる工藤公康監督【写真:藤浦一都】
マグロと一緒にポーズをとる工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ソフトバンクに長崎・鷹島が鷹島本マグロを贈呈

 13日、長崎県松浦市鷹島の双日ツナファーム鷹島からソフトバンクに約50キロの養殖本マグロが贈呈された。 

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 長崎県松浦市にある鷹島は、鷹島肥前大橋で九州本土と結ばれた小さな島。魚の養殖が盛んで、双日ツナファーム鷹島株式会社は近畿大学と連携した完全養殖マグロの育成なども行っている。 

 この日贈呈された本マグロも約1.3メートルの大きさまで養殖されたもの。本マグロは選手の宿舎に贈られ、夕食のメニューとしてふるまわれる。贈呈式に出席した工藤公康監督は、目の前の大トロをパクリ。「これで元気を取り戻して、また(キャンプの)後半頑張ります」と語った。よほど気に入ったのか、贈呈式後には試食で用意された1パックをそのまま監督・コーチ室に“お持ち帰り”した。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」