野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNA宜野湾キャンプは「プロ野球キャンプの魅力」+「リゾート」を味わえる

DeNA宜野湾キャンプは「プロ野球キャンプの魅力」+「リゾート」を味わえる

横浜DeNAベイスターズは1980年代まで静岡県、山口県、岡山県など様々な場所で春季キャンプを行っていた。しかし、1987年に沖縄県宜野湾市に宜野湾市立野球場(2018年2月からアトムホームスタジアム宜野湾)が完成してから、この地を1軍の春季キャンプ地にしている。

ラミレス監督を筆頭に明るいチームカラーが特徴のDeNA【写真:荒川祐史】
ラミレス監督を筆頭に明るいチームカラーが特徴のDeNA【写真:荒川祐史】

主要な施設がコンパクトにまとまっている便利なキャンプ地

 横浜DeNAベイスターズは1980年代まで静岡県、山口県、岡山県など様々な場所で春季キャンプを行っていた。しかし、1987年に沖縄県宜野湾市に宜野湾市立野球場(2018年2月からアトムホームスタジアム宜野湾)が完成してから、この地を1軍の春季キャンプ地にしている。

【PR】「DAZN」ならDeNA戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 宜野湾市は那覇市の北東に位置する。那覇市から「アトムホームスタジアム宜野湾」へは、沖縄都市モノレール線の古島駅で下車し、「55」系統のバスに乗って約40分。宜野湾市立野球場前で下車する。キャンプ地の入り口には「歓海門」という大きな門が立ち、野球ファンを出迎えている。

 キャンプ地は沖縄コンベンションセンターに隣接し、リゾート地として整備されている。海に面した爽やかな海浜公園だ。

「歓海門」をくぐって右手に歩くと、メインスタジアムである「アトムホームスタジアム宜野湾」が見えてくる。その手前、左手にはサブグラウンド、隣にブルペン、さらに室内練習場である宜野湾市立体育館や、多目的広場も隣接している。キャンプの主要な施設がコンパクトにまとまっている。見て回りやすい便利なキャンプ地だと言えるだろう。

 メインスタジアムの「アトムホームスタジアム宜野湾」は、両翼100m、中堅122mのスタンダードサイズ。内野スタンドは小さいが、その分、グランドとの距離が近い。観客席の入り口からは、東シナ海が一望できる。日本本土とは少し違う明るい色の海が広がる。南国のキャンプであることを実感できるはずだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」