野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 滑りやすいメジャー球にどう対応? 大谷翔平が語る“慎重さ”と“鈍感力”

滑りやすいメジャー球にどう対応? 大谷翔平が語る“慎重さ”と“鈍感力”

キャンプ2日目の15日(日本時間16日)に初のブルペン入りを果たしたエンゼルス大谷翔平投手。日本とメジャーではボールの違いがあり、マウンドの硬さと合わせた対応が各投手には求められる。もちろん大谷も例外ではない。鎌ケ谷での自主トレの段階から、メジャー球を使って対応に励んでいた右腕だが、そのコツは「繊細になりすぎずに。そういう感覚も必要だとは思っている」ことだと明かした。

エンゼルス移籍後、初のブルペンでの投球を行った大谷翔平
エンゼルス移籍後、初のブルペンでの投球を行った大谷翔平

メジャー球に徐々に対応する大谷翔平、重視する実戦経験

 キャンプ2日目の15日(日本時間16日)に初のブルペン入りを果たしたエンゼルス大谷翔平投手。日本とメジャーではボールの違いがあり、マウンドの硬さと合わせた対応が各投手には求められる。もちろん大谷も例外ではない。日本ハム2軍施設がある鎌ケ谷での自主トレの段階から、メジャー球を使って対応に励んでいた右腕だが、そのコツは「繊細になりすぎずに。そういう感覚も必要だとは思っている」ことだと明かした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 砂漠地帯のアリゾナでは乾燥した気候のため、普段以上にメジャー球が滑りやすくなっている。そんな中、大谷はブルペンで全球種を合計36球投げ、数多くのストライクを投げ込んだ。

 時折、地面に叩きつけるボールもあったが、「実戦に入っていけば打者と向き合っているだけなので、そこに向かってしっかり勝負できれば」と涼しい顔。「ボールとマウンドにしっかり適応していくことが大事じゃないかと思います」と話しつつ、早くも適応能力の高さを披露している。

 滑りやすいボールにどのように対応していくか。ただでさえ乾燥の激しいアリゾナでボールへの対応は大きな課題となる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」