野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • シカゴ紙、ダルビッシュの持ち球を“大解剖”「直球の回転率は信じられない」

シカゴ紙、ダルビッシュの持ち球を“大解剖”「直球の回転率は信じられない」

カブスに移籍したダルビッシュ有投手は、キャンプ2日目の15日(日本時間16日)に初めてブルペン入りするなど、順調に調整を続けている。6年総額1億2600万ドル(約134億円)、出来高を含めると最大1億5000万ドル(約159億円)の契約で加入し、先発ローテーションの柱の一人として期待がかかる右腕に対して、早くも称賛の声が上がっている。

カブスの入団会見に臨んだダルビッシュ有【写真:西山和明】
カブスの入団会見に臨んだダルビッシュ有【写真:西山和明】

レンジャーズ時代も女房役のジメネスが証言、6つの球種を分析

 カブスに移籍したダルビッシュ有投手は、キャンプ2日目の15日(日本時間16日)に初めてブルペン入りするなど、順調に調整を続けている。6年総額1億2600万ドル(約134億円)、出来高を含めると最大1億5000万ドル(約159億円)の契約で加入し、先発ローテーションの柱の一人として期待がかかる右腕に対して、早くも称賛の声が上がっている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 地元紙「シカゴ・トリビューン」は、レンジャーズ時代の女房役クリス・ジメネス捕手の証言から、ダルビッシュの多彩な球種を“大解剖”。同じく2年間チームメートだったジャスティン・グリム投手の「彼は8球種持っていると思う、6球種しか投げないけどね」という証言をもとに、フォーシーム(直球)、ツーシーム(シンカー)、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットを取り上げている。カットボールはスライダーにカウントされているようだ。

 記事では「ダルビッシュが投げる6球種、有効性、そして使用法の分析」として、まずはフォーシームから“解析”。ジメネスの「豪速球だよ」というコメントを紹介。さらに、同選手は「その裏では素晴らしい仕事をしている。回転率は信じられないよ。彼は多くの空振りを奪う。ボールが迫ってくるんだ」とも話しており、投球の軸となるボールの威力を伝えている。

 そのジメネスが「もっと使うべき」としているのが、「右打者に落ちながら食い込むことができる」ツーシームだ。ジメネスは記事の中で「すべてのシンカーが異なるんだ。間違いないく、もっと使える球だと思うよ」とも指摘。カブスでは、ツーシームの割合が増えるかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」